スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

リスティング担当者が躊躇する魔の領域

リスティング担当者が実際に口を出したいけど出せないといわれる、「サイト担当者レベルの改善領域」について少し語ってみたいと思います。

 まず、
「CPAはいくらですか?」
「月に何件ぐらい獲得できますか?」
「いくらぐらい実際に成約にいたりますか?」

と質問をされた事のあるリスティング担当者は非常に多いかと思います。


この質問自体アバウトすぎる為、
多くの担当者は18番(オハコ)の返答方法をお持ちの事だと思います。


そもそも、「CPA」と「獲得件数」、「成約率(コンバージョン→実成約)」ががわかれば、月の売上イメージは沸くと思いますが、実際問題「成約率」というものはその会社自体の対応レベルによって大きく変わるもので、SEM担当者としてはあまり触れる事自体ないものだと思います。



一つの例ですが、
同じジャンルの不動産仲介サイト「A社」「B社」が2つあります。
全く同じキャンペーン設計でありサイトデザイン的にもほとんど同一レベルだとします。

A社は、CPAが2000円で、月の問合せ数が30件
B社は、CPAが10000円で、月の問合せ数10件

そして、
A社は30件中5件で成約
B社は10件中2件で成約

A社は6万円掛けて5件成約
B社は10万円掛けて2件成約



全く同じキャンペーン設計でありサイトデザイン的にもほとんど同一レベルなのに、
なぜここまで違うのでしょうか?

わかりますか?




【“リスティング担当者が躊躇する魔の領域”の続きを読む】

【PR】CPA150円で勝負する手法

今このSEOが凄い!外部リンクを考えない成功法

最近忙しくてブログの更新が異常に遅くなってしまい、

「すいません」


今回紹介したいのは、タイトルの通り
外部リンクを意識しないSEOで、
実際に私が行って成功した手法を書いていきたいと思います。

まず、
こちらのブログにおいて過去に有料リンクについての投稿をしており、
問合せフォームからこんな質問が届いていました。

「リンクってどのような設定をすれば問題ないのでしょうか?」


このような質問に対しては、
「リンクは自然と集まるもの!コンテンツを充実させ最適化をする事が需要」

とこたえていました。
この回答は無難かつ真っ当なSEOだとおもわれがちですが、
結論から言うと、誰でも思いつく回答で、
実際にそれだけで上位表示されているサイトは少ないです。

有料リンクに関しては、Googleの「凄いアルゴリズム」で処理をして、さらに目視
でも処理をしていますが、実際に100パーセントの処理をする事は不可能
だと言われ、現に人気が高いキーワードでは、上位サイトのほぼ大半が
有料バックリンクのオンパレードとなっている状態ですよね!


では、外部リンクを意識しないSEOで、アクセス数を増やし売上げにつなげる
にはどのようなSEOをすれば良いと思いますか?






【“今このSEOが凄い!外部リンクを考えない成功法”の続きを読む】

【PR】CPA150円で勝負する手法

リスティングでもフラッシュマーケティングはできるのか?

まず、フラッシュマーケティングについてですが、
現在フラッシュマーケティングの定義が広い為、一言で説明
すると誤解を生むかもしれませんが、

「時間軸を活用する手法」 です。

具体的には、タイムセールや●●のみ販売などの販売方法を
イメージしていただければ分かりやすいかと思います。

又、飲食店の場合、効率良くまわす為、一部ではこんな事も
行われているようです。

お店の営業時間16時~23時~




客「もしもし、予約したいんですが?」

店員「何名様で何時頃をご希望でしょうか?」

客「2人で夕方17時頃は大丈夫でしょうか?」

店員「申し訳ございません既に予約は入っていまして、
18時はいかがでしょうか?」

客「わかりました、では●●で予約お願いします」



↓ 18時にお店に入ると

客「以外と人多いね 人気のお店なんだね」




---------------------------------------------



実際こんなやりとりでお店に行くことが多いかと思いますが、
結論から言うと、
実は16~17時半 までは少人数のお客さんの予約を
受け付けないんです。
 理由はいくつかあります。

①2人の為に食事を作って、従業員が動くのが非効率
②16~17時半の間、バイトの人数を減らす為
③空いている時間に新規の客を入れたくない


そして、その結果17時半から予約を受け付けているので、
集中的にお客さんが多い状態になっています。

つまり客からすると
人が結構多い=「繁盛」「人気」「おいしい」

と思いリピーターになりやすくなるのです。

(行列を見ると並びたくなる心理と似ています。)










フラッシュマーケティングの説明はここまでにして、
タイトルの通り、フラッシュマーケティングの手法は
リスティングでもできるのか? についてですが、

結論から言うと、企画を立てられる人がいれば
効果があると思います。

機会損失という考えを一旦捨てて考えれば、
以外とおもしろい事ができるかと思います。





時間軸を活用したリスティングはどうでしょう?


PS
単に掲載時間を集中させる事とは別物です


【PR】CPA150円で勝負する手法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。