スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

Googleのコメント WordCamp 2007

先日、WordCamp 2007においてGoogleのMatt Cuttsによる公演があった。
Googleは引数を持つ動的URLを基本的に静的URLと同様に扱っていることを明らかにしたようだ。
以前までは、引数のある長いURLはSEO上不利とされていた。
Googleヘルプでも静的なURLを推奨していた。
しかし、動的URLが静的URL同様に扱われたとしても、あまりにも長いURLはやはり不利のようだ。


また、ドメインのアンダーバーとハイフンの違いについても説明があった。
以下SEMチャンネルより

URLにハイフンを利用すべきか、それともアンダースコアを用いるべきかは、URL文字列にキーワードを埋め込むSEOの技術的手法において取り上げられる事項だ。例えば、「SEOツール(seo tool)」というキーワードであるウェブページを最適化したい場合、URL(ディレクトリ名あるいはファイル名)に「seo-tool」とした場合はキーワード"seo""tool"2語がURLに存在すると判断されるが、アンダースコアを使って「seo_tool」とした場合はそのまま seo_toolという文字列として扱われた。つまりseo toolというキーワードとページとの適合性が高いことをGoogleに伝えたい場合はハイフンの利用が推奨された。これは2005年8月のMatt Cuttsのブログ「Dashes vs. underscores」でも指摘されている。

ちなみにGoogleの今期の売上げは50%増と発表された。
とてつもない売上げで驚くばかりである。

このSEOブログの売上げは、0円なのでうらやましい限りである。

SEOブログ By CYBERTURE
スポンサーサイト

【PR】CPA150円で勝負する手法

コメント

ビリーズブートキャンプよりワードキャンプですよね(笑)
Googleのエンジニアが話す言葉は一字一句重要ですよね。
SEOブログさんは結構貴重な情報が書かれているので、参考にさせていただいています。
がんばってください!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cyberture.blog88.fc2.com/tb.php/75-4ca16caf

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。