スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

クローキングはスパム?合法

クローキングという技術をしっているだろうか?
特定のIPやUAからきた訪問者に対して違うページを見せることでさる。
しかし一昔前のSEO会社はこのクローキング技術を利用して不正にサイトを上位表示させていた。

このSEO会社が行っていたクローキングは、YahooやGoogleのロボットIP・UAだけはSEO対策したページにいかせるといった騙しテクニックだった。
つまり人間が普通にアクセスして見るページと、クローラーが見るページが全く別物だったということである。
これがいわゆるIPクローキングと呼ばれたスパム行為である。

しかしここで勘違いしてほしくないのは、クローキング技術自体全てスパムになるということでわない。
携帯サイトではPC・モバイルをアクセスIPから判断して各々の専用ページに飛ばしている。
これもクローキングだ。
これはスパムなんかではなく、れっきとした正当な技術である。

ほとんどのSEOサイトやSEO書籍等ではクローキング=スパムとして記載されている。

又、サイト構造等によってはクローキング手法を用いることによって、検索サービスの利便性の向上やユーザビリティの向上に繋がることもある。

ただ単に クローキング=スパム と思い込むのは素人である。

Googleも表向きにはクローキングは禁止と書いてあるが、よくガイドラインを読んでみると矛盾だらけでグレーな書き方である。

「ユーザーを騙すようなコンテンツや、「クローキング」を行って検索エンジン用とは異なるコンテンツを表示しないでください。 」

と記載されているが違うところでは

「隠しテキストや隠しリンクを使用しない。
クローキングや不正なリダイレクトを行わない。 」

と記載されている。

つまり検索エンジンを騙すような悪質なクローキングは禁止だよ!(正当な理由でのクローキングならOK)!
っていいながら
クローキングは絶対禁止!

Google社員も少し日本語の勉強をするべきではないであろうか。

とっても良いサイトという定義をGoogleもYahooも理解できていないせいか、不正に上位表示できるような技術をスパムと呼びすぎである。スパムを見極められない検索エンジン会社のレベルの低さが問題である。

この内容と同じことが書いてあったのでぜひどうぞ
http://www.sem-r.com/22/20061116200024.html

Yahooに関しては自らが悪質なクローキングスパムを行っていたので、Googleは即刻Yahooをインデックス削除するべきだった・・
(ちなみにここでのYahooはアメリカのことです)
しかし何にもなかった!
公平な検索エンジンGoogleは本当に公平なのか

By SEOブログ Cyberture
スポンサーサイト

【PR】CPA150円で勝負する手法

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cyberture.blog88.fc2.com/tb.php/58-2d0a5736

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。