スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahoo!SEO対策の究極奥義!!

YahooのSEO対策

YahooのSEO対策といえば「サイト内対策」と昔から言われており、
Googleはページランク構造に基づく理論の為「外部対策重視」と言われている。

4月にYahooは検索プログラムの大幅変更を行った影響で検索結果に大幅な順位変動がみられた。


検索結果順位については、順位が上がるサイトもあれば下がるサイトもある。
4月からのプログラム変更で上位に上がってきたサイトの特徴として、
「ドメイン取得経過日数」が多いサイトやテキスト主体のコンテンツサイト
があった。そのほかにもいろいろ理由はあるが・・

今までずっと検索結果の上位に居座っていた、総被リンク数が何十万もあった
老舗のスパムサイト達は順位を落としていった。

Googleでも数ヶ月前から上記と同じような事がおきた。

おそらくリンクの増減についてのアルゴリズムが強化された為であろう。
総リンク数が何十万もあるサイトでもリンク増加の勢いが止まってしまえば
順位が落ちてくる。

つまり、故意的な外部リンク対策をしてもリンク増加の調整までやるのは難しい
ので、長い目で見ればマイナス効果となってきてしまう。
ユーザーがリンクしたくなるようなサイトを構築するしかないのではないか。

GoogleとYahooのガイドラインを見ると分かるが、テキスト主体のコンテンツを
つくりなるべくリンクも画像ではなくテキストにするように説明している。

上位に表示されるようにするためにはテキスト主体のサイト構成を視野に置かなければ
上位表示は困難になってくる。

一番SEOに強いサイトはTOPページがサイトマップのようなテキスト主体のデザインで
さらにページ数多めであることは明白である。

YahooのTOPページやW3CサイトのTOPページが現在一番理想に近いサイト構造に見える。

フルフラッシュサイトでもバックリンクだけで上位表示させることは可能だが、
今年後半にはそれも厳しくなってきそうだ。


YahooとGoogleのSEOスコアは以下の通りである。

①ドメイン取得経過日数

②ページ内テキスト密接度、量

③サイト内テキスト密接度、量

④サイト内リンク

⑤サイト外リンク

⑥バックリンク

⑦CTR


②と③に関してはタイトル&メタ&テキスト量の密接度(共起)や重要度を判断
④サイト内でのリンクがきちんとできているか。テキストリンクだと効果あり
⑤サイトテーマに似たようなサイトに対してのリンクを見ている。
⑥バックリンクの数だけではなく、リンクの質も重要視している。
⑦クリック率も見はじめている。


このSEOブログ自体にはSEO対策はほとんどしていない為説明するのが難しいが、
ブログ機能としてのカテゴリはSEO上では効果が高い。

以上のことを考えながら、サイトやブログをSEOしてみてはどうだろうか。

By SEOブログ Cyberture





スポンサーサイト

【PR】CPA150円で勝負する手法

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cyberture.blog88.fc2.com/tb.php/48-4d595b09

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。