スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

コンバージョン率の重要性

SEOに関心のある人なら「コンバージョン率」という言葉を聞いたことがあると思う。
そもそもコンバージョンとは"転換"という意味であり、「コンバージョン率」とは"転換率"ということになる。
つまり、サイトにアクセスしてきた訪問者が、サイトの目標(商品購入、資料請求、会員登録等)に達した割合となる。

1000人の訪問者のうち、10人が何らかの目標まで到達した場合のコンバージョン率は「1%」となる。

それがどうしたの!?と思う人も少ないと思うが、このコンバージョン率がSEOに非常に関係している。

SEO(検索エンジン最適化)というのは、検索結果の上位にサイトを表示させるテクニックである。上位に表示されるということはアクセス数(訪問者数)も増えることになる。
しかし、サイトの内容がつまらなかったり、コンテンツが弱いサイトだと半分以上の割合ですぐに離脱してしまう。

ここで一つ実験結果を下記します。

「東京ドットコム」  "東京"で検索してYahoo24位
アクセス数 200/日 一日あたりの会員登録者数5人
CVR=2.5%

「東京ドットネット」 "東京"で検索してYahoo19位
アクセス数 230/日 一日あたりの会員登録者数16人
CVR≒7%

「東京ドットコム」はSEO対策を行いYahooで6位になった
アクセス数 540/日 一日あたりの会員登録者数13人
CVR≒2.4%


SEO対策を行ったにも関わらず「東京ドットコム」は、「東京ドットネット」より1日あたりの会員登録者数が低い!

何が言いたいかというと、
SEO対策をして上位表示されれば訪問者数は伸びるが、コンバージョン率まで上がるとは限らない。

まずはサイトの作りやデザインを変更して、コンバージョン率が高くなるようなコンテンツ作りをするべきではないだろうか。

もし「東京ドットコム」がSEO対策とコンバージョン率を高めるコンテンツにすれば、3倍ぐらいの会員登録者数をGetできたはずだ。

ちなみにこのコンバージョン率を高める対策は、大きく分けるとSEM関連に入る。
このコンバージョン率を出すためには、アクセス解析を分析する確かな目と、ラインティング&デザイン技術等が必要となってくる。

By SEOブログ Cyberture
スポンサーサイト

【PR】CPA150円で勝負する手法

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cyberture.blog88.fc2.com/tb.php/32-fc24fa4b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。