スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

相互リンクに注意!

Yahooのアルゴリズム更新とアップデートも完了しましたね。
みなさんの順位はどうでしょうか?

全体的には、分散型のリンクと共起バランスの評価が変更になったようです。
分散されている被リンクを集めるには"相互リンク対策"が有名ですが、実はこの相互リンク対策にもちょっとした落とし穴があるそうです。


SEO塾さんの記事、
相互リンクの落とし穴 Google Chrome セーフ ブラウジング機能
記事にもあるように、"ブラックリスト化されたサイトとの相互リンク"が結果として自分のサイトもブラックリストに入ってしまうようです(怖)。



実は、Yahoo!JAPANでも似たような事があります。


以前、Y!ビジネスエクスプレス審査の際に、
「●●サイトの相互リンクページの中に、特定サイトへのリンクが含まれておりますので通常サイト申し込みでいくならリンクを削除していただくか、もしくは特定サイトで申請してください」
といったニュアンスで説明を受けた事があります。

つまり、リンク先もコンテンツ審査の範囲になっているとの事・・・
リンク先も責任を持って設定しろという事ですね。


Yahoo!ビジネスエクスプレス審査の際に、リンク先も審査チェックの基準になっていて、
相互リンクサイトに特定サイトとよばれるものがあれば、100%ではないですが自分のサイトも特定サイトとして扱われる事があるんですと、Y!特約代理店の方もいっていました。
 
 アルゴリズムでも相互リンク先をそのサイトコンテンツの一部として評価しているようですが、最近ではここの評価方法が細かくなってきているように感じます。


誕生日プレゼントに何がほしい?   「バックリンクがほしい~」    ではでは・・・



⇒ Yahoo!ビジネスエクスプレスの審査代行





スポンサーサイト

【PR】CPA150円で勝負する手法

コメント

コメントありがとうございます

通りすがりさん コメントありがとうございます。

内容的には誤解を生じてしまうような箇所があったようですが、


> ヤフーの登録で言う「特定サイト」と言うのはブラックリストに載っているようなサイトの事を差すのではありませんよ。
> ヤフーで「特定サイト」とうのは審査料金が通常料金の以上で行われるカテゴリーのサイトを言います。
> 以下にそのカテゴリーが載っていますが、例えば健康食品、スキンケア関係、アダルト関係などです。

⇒記事内容のYahoo!部分に関しては"ブラックリスト"という内容ではなく、相互リンク先もコンテンツの一部として評価しているという内容となっています。

つまり、「Google」も「Yahoo」も相互リンク先を評価対象としているといった内容となっています。
特定サイト=ブラックリスト という内容ではありませんのでひとつよろしくお願いします。

ちょっと気になったので投稿させて頂きます。
ヤフーの登録で言う「特定サイト」と言うのはブラックリストに載っているようなサイトの事を差すのではありませんよ。

ヤフーで「特定サイト」とうのは審査料金が通常料金の以上で行われるカテゴリーのサイトを言います。
以下にそのカテゴリーが載っていますが、例えば健康食品、スキンケア関係、アダルト関係などです。

http://help.yahoo.co.jp/help/jp/bizex/bizex-28.html

上記のカテゴリーサイトは通常以上の審査料金で行われ、審査にパスすればヤフカテに登録されます。
ですから、「特定サイト=ブラックリスト」と言う物ではありません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cyberture.blog88.fc2.com/tb.php/191-21f56d12

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。