スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahoo(YST)のサイト内対策

SEOブログや他SEO書籍等でも良く言われていることだが、Yahooはサイト内リンクやサイト構造を重要視していると言われている。
もちろんGoogleもですが。

サイト内対策で良くいわれるSEO対策方法としては


タイトルとメタタグの最適化

■Hタグの使い方

■文章の書き方

■サイト内リンクの重要性

■コンテンツの充実


等が良く上げられる。


おそらく、SEO初心者でも
タイトルとメタタグ」「コンテンツの充実」
に関してはだいだいの対策方法は理解できると思う。


「文章の書き方」「Hタグの使い方」は
SEO関連の情報サイトや書籍でも詳しく書かれているので興味がある人なら理解していると思う。


「サイト内リンクの重要性」に関しては聞いたことがあるが良く理解できないという人が多いのではないかと思っている。


よくwikiペディアは上位表示されやすいといわれているが(現状はYES)その理由として一番のポイントはサイト内リンクの評価が高いことだといわれています。(もちろんナチュラルバックリンクも多いが・・)


ではサイト内リンクの上手な対策方法はなんなのか?!




【PR】CPA150円で勝負する手法


その回答は


「サイト内のページを行き来できるような"道(リンク)"を分かりやすく意味のあるものとしてつなげることです」


もっと分かりやすいような例を挙げますと

「あなたは初めて会う人と話すときまず何を考えますか??」

ほとんどの方が

「自分と相手の共通点」

を探すと思います。

共通点があえば話も盛り上がって、その共通点から話が広がり相手の事が理解できるようになってくると思います。



その共通点がいわゆる
「密度の高いリンク」です。


密度の高いリンクはとても評価が高いとされています。



A、「りんご」→「ジュース」

B、「リンゴ」→「ジャム」

C、「リンゴ」→「ハイヒール」

D、「リンゴ」→「ビートルズ」

E、「リンゴ」→「青森」

F、「リンゴ」→「歯槽膿漏」

上記のキーワード同士は、共起することが多いキーワード同士です。
*インターネット上で「リンゴ」というキーワードと一緒に使われることが多い単語です。
検索エンジンはindexから共起の割合を出して、アルゴリズムに埋め込んでいます。
ある意味「巨大な連想ゲーム」のようですね。



以上のことをまとめると、


サイト全体のテーマ性を高める事。

サイト全体を密度の高いリンクでつなげる事。

そうすればテーマ性の強い充実したコンテンツがうまれるのではないでしょうか。

PS
ブログ等でこのような対策をとることは構造上若干難しいです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://cyberture.blog88.fc2.com/tb.php/119-3bc7491b

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。