スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

YST アップデート2007年 10月31日

Yahoo(YST)がインデックスをフルアップデートしました。

YSTは月末にアップデートすることが多い、今月も月末であった。
ページがindexされにくいとかいろいろいわれてきましたが、どうなることでしょうか?!


以下Yahooスタッフブログより

Yahoo!が開発しているウェブサーチエンジン「Yahoo! Search Technology (YST)」のインデックスをフルアップデートしておりますのでお知らせいたします。
YSTでは日本語処理やコンテンツ解析、その他機能の研究開発に注力していますが、その成果をインデクサに組み込み、全体を更新する作業を行いました。これにより検索結果が改善されます。
検索エンジン利用および、サイト運営の一助になれば幸いです。


このアップデートを受けどのような検索結果になるか興味ぶかいですね。

【PR】CPA150円で勝負する手法

スポンサーサイト

YAHOO(YST)が動いてきた 2007/10/31

本日、いくつかのキーワードで大きな順位変動がおこっているようだ。
ウェザーレポートはまだでていないが、どうやら更新がはいるのであろうか?!

YSTは毎月末に更新をしてくることが多いが、今日はまさにその月末である。

*WIKI系が順位下降傾向



注(YST更新レポートはあくまでも個人的な視点からのレポートなので鵜呑みにはあまりしないでくださいね。)

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahooの新デザイン(ベータ)を早くも分析!

本日(2007年10月31日)、既にお気づきの方もいると思うがYahooトップページの新しいデザインがベーター版として公開になった。
以前にこのSEOブログでもリリース予定情報を記載したが、デザインを公開するのは今日が初めてだ。



yahoo.jpg




大きく変わっているところは、たくさんあって一言ではいえないがとても使いやすいかんじだ。



アイトラッキングでいうといわゆる「L型」を意識して作った感がある。

いわゆる3カラム構造であり、900(950)ピクセル以上の幅を確保している。



まだベータ版なので固まってはいないと思うが、

ページ右上に
「サイト登録」
というテキストリンクがある。

おそらくYahooカテゴリ登録を強くアピールしたいと思うのだが、少し目立ちすぎではないだろうか。
ビジネスエクスプレスの収益に期待しているのであろう。

ここで一番気になることがあった!!

「信頼できる、安心なサイトを探すなら~YAHOOカテゴリ」
と説明されている。
やはりYAHOOはディレクトリ型エンジンを目指すのか?!
この意味を裏返せば

「ウェブ検索」は信頼できない危ないサイトが表示されているよ!

といっている事と一緒だ。


アルゴリズムの開発に限界がきたのか?!




また右上のバナー枠があまりにも巨大ではないだろうか。
おそらくその分掲載料金もあがることだろう。



もう一点大きなポイントとして、

YAHOOニュースがかなり良い位置に置かれている

かなりのCTR向上になるのではないかと考えられる。


全体的な印象だと

「YAHOOサービスを使いたい人」
「YAHOOを経由して情報を見たい人」

をそれぞれデザイン配置によって、
万遍なくサイト全体が使われるようになるのではないかと思う。


[Yahoo新デザイン]http://www.yahoo.co.jp/guide/index.html
*10/31現在 詳細を見て戻るとバグ発生

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahoo(YST)のサイト内対策

SEOブログや他SEO書籍等でも良く言われていることだが、Yahooはサイト内リンクやサイト構造を重要視していると言われている。
もちろんGoogleもですが。

サイト内対策で良くいわれるSEO対策方法としては


タイトルとメタタグの最適化

■Hタグの使い方

■文章の書き方

■サイト内リンクの重要性

■コンテンツの充実


等が良く上げられる。


おそらく、SEO初心者でも
タイトルとメタタグ」「コンテンツの充実」
に関してはだいだいの対策方法は理解できると思う。


「文章の書き方」「Hタグの使い方」は
SEO関連の情報サイトや書籍でも詳しく書かれているので興味がある人なら理解していると思う。


「サイト内リンクの重要性」に関しては聞いたことがあるが良く理解できないという人が多いのではないかと思っている。


よくwikiペディアは上位表示されやすいといわれているが(現状はYES)その理由として一番のポイントはサイト内リンクの評価が高いことだといわれています。(もちろんナチュラルバックリンクも多いが・・)


ではサイト内リンクの上手な対策方法はなんなのか?!





【“Yahoo(YST)のサイト内対策”の続きを読む】

【PR】CPA150円で勝負する手法

Googleページランク更新 0~4 10月26日

今朝、ページランクが更新されていたことを確認。
全体的にはほとんど変化がないように見えたが、今年の初めぐらいから運営されている新規サイトにはやっとページランクがついたようにかんじた。

このSEOブログにもページランクがやっとついた

0から4になった。

ナチュラルバックリンクが多いが、ほとんどのサイトはこのSEOブログのRSSを取得して自動で記事投稿しているブログやサイトである。

やはり、引用される記事を提供しているブログやサイトのページランクは高めなのか?

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahooで無料ブログがHITしづらい理由!

つい先日、FC2ブログやDtiブログを使っているユーザーブログのインデックスが削除されやすいようだと書いたが、

どうやらそれ以外の無料ブログも同様のことがおきているようだ。
友人や知り合い、そして自分で運営しているブログ、ランダムでFC2ブログをチョイスして調査したが、やはりいくつかのブログのTOPページのindexが削除されていた。

ちなみに、サブドメイン型(abc.blog.com)と別フォルダ型(blog.com/abc)があるが、今回はサブドメイン型タイプの「FC2」「忍者」「シーサー」を調査。

あくまでも個人的な調査なので十分ではないかと思いますが、参考にみなさんもやってください(ひまだったら・・)



■FC2ブログ(blog.fc2.com)

スタッフブログ(staff.blog1.fc2.com)
「FC2インフォメーション」

Yahooで「FC2インフォメーション」と検索
TOPページは無い

site:staff.blog1.fc2.com
TOPページが行方不明


→ユーザーブログでも同様な現象が非常に多い



■忍者ブログ(blog.ninja.co.jp)

「FC2インフォメーション」

Yahooでサムファクスタッフのブログを検索
Hitする(タイトル検索をするがTOP表示ではない)


→ユーザーブログではそもそもHITしないサイトばかりであった。最新記事からランダムにブログを選んでタイトル検索するが、10件中10件行方不明!(偶然?!)



■シーサーブログ(blog.seesaa.jp)

「おすすめブログ」で紹介されている人気ブログはTOPindexがあったが、一般ユーザーブログはTOPindexされていないものもあったが割合は少ない。


ちなみにYahooブログは何事もないように、100%トップページがINDEXされていた。(10件中10件 たまたま?!)



冷静に考えると、それぞれの無料ブログ自体の構造に問題があるのではないか。

おそらく、自動で挿入される
「フッターテキスト広告」等に問題がありそうなかんじもする。
しかしテンプレートの種類によっては入らないものもあるのでなんともいえない。


内容が十分ではないという理由からTOPページが削除される事はあると思うが、それほどのことではないのではないか?!

無料ブログ自体の構造が駄目だとすると、このSEOブログもいよいよお引越しということになりそうだ。

まだ、しばらくは様子を見ていきます。

(2007年10月23日現在のデータ)

追記:
無料ブログの中にもきちんと全てindexされているブログもあります。

しかし以下の点で比較してもそこまでの違いはありませんでした。

1、TOPページのテキスト量が少ない
>>全てindexされているブログでもTOPページのテキスト量が極めて低いものもいくつかありました。
アダルトサイトの場合はTOPに年齢認証ページを設けるので、テキスト量はあまり関係ないかもしれない。

2、マッチしていないテキストリンクをはっている
>>これに関しては、SEOを意識したとされるテキストリンクを張っているサイトでもきちんとindexされているものもありました。しかし、リンクに関してはさらに調査してみようと思います。

3、リンク数が少ない
>>ナチュラルバックリンク1000以上あるブログでもきちんとindexされていないものも多数ありました。

4、更新していない
>>半年以上更新されていないブログでもきちんとindexされているものが多数ありました。

5、サイト自体の被リンク数に対してTOPページへの被リンク数の割合が少ない
>>記事に被リンクが集まりやすいブログは確かに、
site:hoge.com
とやってもTOPページが表示されない事が多いかも

6、Yahooのクロール等に問題あり
>>その可能性もある

7、TOPページの内容が良くかわる
>>これに関しては現在実験中!
ブログ記事順序を古い順にすることで、TOPページの内容は変わらなくなる。
逆に新しい順にすると、新規投稿するたびにTOPページの内容が変わる。


(追記)
10月25日

このSEOブログは本日無事に

site:cyberture.blog88.fc2.com

でTOPページがTOPで表示されるようになりました。

さらに「SEOブログ」とYahoo検索してHITするようになりました。






【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahoo!FC2ブログに制裁!?トップページAll削除

2007年10月23日現在、FC2ブログユーザーに異変が起きている。

無料ブログであるFC2ブログを使っている人のブログのTOPページがindexから削除されている。

しかもその割合が、100%に近いようだ。
私自身でもランダムに20ブログ

site:hoge.blog00.fc2.com

とYahooで調査してみると

全てのブログのTOPページindexが削除されていた。

不思議な現象である。

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahooの検索結果がおかしい!

Yahooの検索結果がおかしい!

バザールブックマークでも話題になっていたが、スパムでも手抜きでもページの評価が極端に下がってきている。

FC2ブログやDTIブログを運営している人に多いようだが、なぜかTOPページがindexされにくくなっている噂だ。

このSEOブログもなぜかTOPページがHITしない。
site:cyberture.blog88.fc2.com

がんばって更新しているのだがなぜだろうか?!
ほぼナチュラルバックリンクである。
ただそのバックリンクをしているサイトの多くは、自動RSS取得してサイトに書き出すものだが・・

さらに、最近Wikiサイトの順位が急上昇してきている!


2007年10月23日現在で

「ディズニーランド レストラン」とYahoo検索するとwikiサイトが1位で表示されている。
個人的にディズニーランドが好きだからというわけで検索しているだけでなく、ナチュラルバックリンクが非常に多いサイトをチョイスしてみた。

サイト内リンクでの評価があまりにも強いのだろうか。

wikiサイトの「ディズニーランド レストラン」ページにリンクを張る人は、冷静に考えれば少ないと考えられる。

バックリンク数の以上な増減や、上記の2点の現象を見ると何か起こるのではないかと想像してしまう。
さらに、ブログの評価が下がってきているのではないかと思う。

このSEOブログもそろそろ独自ドメインのサイトとして運営して
いかなくてはいけなくなったか・・


【PR】CPA150円で勝負する手法

テレビCM広告とネット広告の行方

最近、ニュース新聞や雑誌でも書かれているが、テレビCM広告が危険な状態だそうだ。

最近は、HDDレコーダー等で録画する人が増えた為CMをスキップしてみていることが多いようだ。

正直な話、リアルタイムでドラマやバラエティ等を見ていても、CMになったら、トイレにいったり違う事をしたりする。
つまり視聴率よりはるかに低い割合でしかテレビCMがみられていないことになる。

テレビのCM構造自体変えなければこの問題は対処できない。
番組中に使われる小道具等もある意味広告であり、ちゃんとスポンサーがついている。
しかし、それだけでは採算は合わない。


現在の広告業界の中で一番費用対効果が良いとされている広告は、ネット広告である。
その中でもPPCは特に高いとされている。

私の想像では、近い将来、確実にテレビCMと連動型広告が融合してくると思う。

なぜなら、既にはじまろうとしているからです。




【PR】CPA150円で勝負する手法

Google有料リンク販売サイトの取り締まり

SEOでとても話題になっている有料リンク売買について、Google側が動き出した。
ブログやサイトでの、SEOを意識したリンク売買を禁止する為の制裁だ。

以下、SEM Rより

米Search Engine LandのDanny Sullivanによると、米Googleが有料リンク(テキストリンク広告)販売サイトに対してPageRankスコアを下げるというペナルティによる対策を開始した。


有料リンクとは、SEOの外部リンク対策として、他のウェブサイトからリンクを購入する行為。被リンクの数や質がランキングに大きな影響を及ぼすことから、簡単にリンクを獲得する行為として近年流行しているが、不正なランキング操作として検索会社側は問題視している。

今回、リンクを販売したことでPageRankが低下したとされるのはThe Standord Daily。このサイトはスタンフォード大学の学生新聞サイトだがSEOマーケッター向けにリンクを販売し続けていた。しかし、Sullivanによると同サイトのPageRankは9から7に落ちたという。

この状況について、Googleは公式にリンク販売サイトのPageRankを下げたと認めた。
また、Googleもリンク販売サイトの中にはインデックスから外されたり、そのサイトがランキング上位に表示しないようにペナルティを与えることもあると述べている。


これに関してコメントすると、
有料リンク販売サイトへのペナルティーはあるが、リンク購入サイトへの制裁は明確には記載されていない。

これによって、順位にも影響してくると思われる。

【PR】CPA150円で勝負する手法

GoogleAd VS Yahoo!ウェブオーナーセンター 2007年冬の陣

初めにお詫びです。
こちらのSEOブログのデーターがFC2サーバーの予期せぬ故障で、9月中旬から10月初めの記事がなくなってしまいました。
このブログではときどきエキサイティングな内容の記事を書きますが、たまたまエキサイトすぎる記事を書いた記事を含むいくつかの記事がなくなってしまいました。

Googleのキャッシュ機能を使っていくつかは復活しましたが、URLが違う投稿記事となってしまいましたので、ご了承ください。


また、なんで独自ドメイン&有料サーバーを使わないかというご指摘に関しての回答としては

「お金がない」

の一言でございますので、あわせてご理解いただけると幸いです。



さて今回は、今年末からはじまるであろう、Yahoo版アドセンスの
「Yahoo!ウェブオーナーセンター 」と現在王者のGoogle アドセンスを比較してみたいと考えております。

Yahooはブレイナーを仲間にして最高のパーティとなるようです。
さらに広告ネットワークも拡大して、もはやGoogleなんて比にならないのではと、既に一部のサイトでは囁かれています。

それでは




【PR】CPA150円で勝負する手法

モバイル版Yahoo辞書

Yahoo辞書が携帯電話からでも無料で使えるようになりました。
たかが辞書と思われるかもしれませんが、携帯電話に欲しい機能ランキングには必ず辞書・辞典がランクインします。

これからさらに辞書サービスがパワーアップするとしたら、電子辞書というものがなくなるかもしれませんね。
このブログでも誤字脱字があるので注意しながら書いていきたいですね。

現在のYahoo辞書の検索対象辞典。


■国語辞書「デジタル大辞泉」
現代日本語、カタカナ語、古語、専門語、故事・慣用句など約23万項目を収録。
■英和辞書「ポケットプログレッシブ英和辞典」
英米の新聞や雑誌レベルの英文から、新語、専門語、口語、俗語など約8万5000項目を収録。
■和英辞書「ポケットプログレッシブ和英辞典」
常用英語や仕事に役立つビジネス用語など約10万項目を収録。
■「新語探検」
IT、経済、金融などの専門用語をはじめ、新語アナリスト・亀井肇氏による話題の最新用語コラム集も。毎日更新。

【PR】CPA150円で勝負する手法

OVERTURE再開! キーワードツール代替ツールの紹介

つい1ヶ月程まえ、OVERTUREが提供するキーワードツールが終了した!?とこのSEOブログでも記載したが、1週間ほどして再開したそうだ。

しかしこのOvertureツールの情報提供もいつまでやるかわからない。(データーは4月分でとまっている)
OVERTUREいわく、さらなるツールやAPIの提供も視野にいれているようだが真相はわからない。

そこで今回はOVERTUREのキーワードツールが終了した場合に役立つ代替ツールを紹介します。
【“OVERTURE再開! キーワードツール代替ツールの紹介”の続きを読む】

【PR】CPA150円で勝負する手法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。