スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahoo(YST)で大幅な順位変動200709月26日

現在Yahooで大幅な順位変動が見られる。

ぱっと見たところ、リンクの質の比重を落としてさらにリンク数の伸びがかかわっているのではないかと・・少し考えてみたが真相は・・

【PR】CPA150円で勝負する手法

スポンサーサイト

Google Adwords 品質スコアを下げるサイト

つい先日Google Adwordsは品質スコアに関する情報を公開した。
品質スコアを下げるブログやサイトは以下の通りだ。

ビジネス モデルの中には、ユーザーの利便性を低下させると判断されるものがあります。 AdWords を広告主様とユーザーの皆様にとってできるだけ効果的なものにするために、次のようなビジネスモデルを宣伝する広告では、リンク先ページの品質スコアは低くなります。 場合によっては、このような広告の掲載は許可されないこともあります。

避けるべきビジネス モデル

次のようなウェブサイト・ブログでは、ペナルティが課せられ、リンク先ページの品質スコアは低くなります。 これらの種類のウェブサイトの広告に対する苦情が寄せられた場合、広告の掲載は中止されます。

データ収集サイト: 個人情報を収集するために無料の商品などを提供するサイト
アービトラージ サイト: 安いキーワード料金で高い広告料収入を獲得することを目的として作成されたサイト
不正なソフトウェア サイト: サイト訪問者のコンピュータにソフトウェアを故意または未故意にインストールするサイト
広告を掲載する際に注意する必要のあるビジネス モデル

次のようなビジネス モデルでは、リンク先ページの品質スコアが低くなる可能性が高くなります。これらの種類のウェブサイトの広告を掲載する場合は、Google のリンク先ページの品質に関するガイドラインに準拠していることに注意する必要があります。特に、独自のコンテンツの提供に関するルールに従っていることをご確認ください。

広告を頻繁に表示したり、不正なソフトウェアをインストールしたりする電子書籍
一攫千金サイト
比較によるショッピング サイト
旅行情報ポータル
Google の編集ガイドラインに従っていないアフィリエイト

特に最近は、ブログで人のサイトのRss情報だけを集めたサイトが多い。
おそらくそういったサイトやブログもスコアは低くなるだろう。


By GoogleAdwords

【PR】CPA150円で勝負する手法

前代未聞!YahooがSEO有料リンク売買を行っていた 

Yahooビジネスエクスプレスは以前から、SEOを意識した有料リンクだと言われてきていた。

*もちろんカテゴリからのリンクはリダイレクトによるものなので、リンクによるそこまでの直接評価は無いと考えられる。

もちろんYahoo側はあくまでもアクセス向上の為と回答してきた。

しかし、あるサイトがキッカケでYahooビジネスエクスプレス自体がSEO対策の為の有料リンクサイトなんだという認識を与えてしまった。

↑訂正(SEOに詳しくない人からみた場合の観点)


私はこのサイトの内容を見た週間、とても残念な気持ちでいっぱいになった。
Yahooビジネスエクスプレスが、SEOを意識したリンク売買サイトという風なことを書いたのは実は

「Yahooビジネスエクスプレス」のサイトであった。

Yahooの検索エンジンで「SEO」と検索するとなぜか、Yahooビジネスエクスプレスの広告が出てくる。

そこをクリックすると、おそらくランディングページだと思うが、問題となっているサイトにたどり着く。

問題のサイト http://bizx.yahoo.co.jp/merit.html

サイトのキャプチャ画像はこちら

上記のサイトか画像を見てもらえれば分かると思うが、Yahooビジネスエクスプレスを利用するとこんなメリットがあるというようなことが記載されている。

しかしその中に「SEO対策に!」という見出しがある。
その文章の中身は以下の通りだ。

「SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」のことであり、ロボット型検索エンジンの検索結果に掲載されたり、検索結果の上位に表示されることによってサイトへの訪問者を増やそうとする手法のことです。現在の検索エンジンにおいては、多くのページからリンクされていたり、検索エンジンの評価が高いページからリンクされているサイトが、検索結果の上位に表示される傾向があります。そのため、ユニークユーザー数が多いYahoo!カテゴリに登録すれば、SEOに大きな効果をあげることが期待できます。 お客様のサイトをYahoo!カテゴリに登録するために、ぜひYahoo!ビジネスエクスプレスをご利用ください。」


文章自体はまわりくどく書かれている。


「現在の検索エンジンにおいては、多くのページからリンクされていたり、検索エンジンの評価が高いページからリンクされているサイトが、検索結果の上位に表示される傾向があります。」

と書かれてさらには、

「ユニークユーザー数が多いYahoo!カテゴリに登録すれば、SEOに大きな効果をあげることが期待できます。」

つまり
Yahooはページランクが高いサイトなので、お金を払って登録すれば上位表示されますよ!といっていることと同じことになる。

*実際は直接被リンクによる評価は低いとされるが、なんらかの優遇は受けると考えられる。


正直、アルゴリズムを決めている会社としては少し不適切な表現方法ではないであろうか。


Yahooビジネスエクスプレスに登録しなくてはならない時代がきてしまったのだろうか。

【PR】CPA150円で勝負する手法

Overtureキーワードツール完全に終了?!

Overtureが提供しているキーワードアドバイスツールが検索しても表示されなくなった。
世界中のキーワードツールで同様の現象が起きている。
もしかすると完全にサービス終了なのか!

オンライン見積もりのSEOサイトでは死活問題か・・

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahooのアルゴリズム解析をしたら変なことが・・

今週もキーワードによって順位変動があったYahoo(YST)。
全体的な順位変動やサイトを解析していると面白い現象があったのでそれを紹介したいと思います。

SEOに熟知している方にとれば当たり前かもしれませんが・・

まずGoogleでダントツで1位表示なのに、Yahooだと20位以下にいるサイトに注目しました。
ちなみにダントツと書いた理由は、「Biglobe」で検索すると順位に応じてどのくらいの評価をうけているのかのグラフがでます。
そのグラフを見ると競合サイトとの評価のポイント数をしることができます。たしかBiglobeはGoogle系の検索エンジンなのでGoogleと同じ評価基準であると思います。

一番面白いのが「楽天」関連のキーワードです。
グループ会社や関連サイト同士で莫大な相互リンクをしている楽天ですが、例えば「レストラン 検索」でググルと1位、Yahooは16位付近(2007913現在)
YahooのTOPページにはなぜかディズニーランドのレストラン検索が表示されています。
「レストラン 検索」でディズニーランド内のレストランがTOP表示されるのはちょっとおかしいと思いませんか?
しかもFlash主体ページです。
それとかなり下の階層です。

この2つの現象をみるとあきらかに、「バックリンク」自体の評価だと思いませんか?

実はこのディズニーサイトはバックリンクが15個ほどしかないのです。siteexplorer

ディズニーのサイト内リンクで集まったリンクだけでこんだげ上位に表示されているようです。


これはごく一部の事例ですが、
Yahooは、サイト自体のリンク数やPRが高ければサイト内のリンクだけで上位にあげちゃうのか?!
Wikiが全体的に順位を上げてきたことも事実!

【PR】CPA150円で勝負する手法

「SEO」で上位表示されているサイトのバックリンクを調べてみたら・・

「SEO」というキーワードで上位表示されているサイトのバックリンクを調べてみました。
今回これを調べるのに使用したツールは北海道のSEO会社AXIS様が無料で提供している「ピタゴラス」というツールです。

1位 「SEO対策 - ○○○」
*バックリンクは360万ほどありました。
FC○ドメインからのリンクが多く!ツールへリンクを張っているサイトも多かったです。組織票ならぬ組織リンクで1位当選です!

2位 「住 太陽の ○○○○」
*多くのSEOサイトでこのサイトのツールを紹介している為すばらしいバックリンクが実現できております。
バックリンクは15000程ですが、とても質のよい引用リンクが多いようです。

3位 「SEO-Webサイト ○○○」
*外資系のSEOサイトのようです。
バックリンクはなぜか800程です。グローバルなリンクポピュラリティーは比較的評価が高いのでしょうか!?


4位 「SEO対策、検索エンジン最適化」○○○
*こちらのサイトも海外サイトからのリンクが多いようです。
中国や韓国のサイトからも結構リンクを頂いているようです。
これで日中韓の仲もよくなると良いですね


5位 「SEOならSEO対策 ○○○」
*お医者さんのような名前でとても覚えやすいです。
TOP階層が相互リンクページのようです。
こちらの場合、WEB関連キーワードでは比較的上位に表示されています。独自の相互リンクシステムが好調なのでしょうか?
自然的なリンクも多いようですね!
SEO対策をしていると分かるサイトでした。


上記のサイトはとてもすばらしいサイトでYahooからの評価も順位として表示されています。
このあいだのアルゴリズム変更で問題のあるSEO対策を行っているサイトは大分評価が下がったと思います。
良いサイトがあったら、ブックマークや相互リンク等をしてみてはいかがでしょうか。

SEOブログ By CYBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEOはパクラレルサイトが強い!

SEOブログを書く上でこれだけは言いたいという事の一つに
「何もしなくても上位に表示されるサイトの裏事情」というものがある。


SEOmozというサイトを翻訳したものをときどき見ているがとても参考になる。
その中でもとても印象深かったのは

「リンクをしてもらえるような仕組みを作る」

ということである。


Yahooの検索結果を見てみると、この意味が分かると思う。

Wikiペディアが上位にまた上がってきたが、その大きな理由としては"文章が引用されることが多い為"だと思う。
引用されるということは、同じようなテーマのサイトからリンクが張られ、さらに検索エンジン側も引用元を評価するのでとても効果的なことである。

TOPページだけでなく、各階層にもテーマ性の高いリンクが張られれば最高である。

簡単にまとめると、引用されたりそのページにリンクをしたくなるサイト達が上位に表示されやすくなり、意図してなくても最高リンクポピュラリティーへとなっていく。

これがSEO対策をしていなくても上位に表示される裏事情の一つではないであろうか。








【PR】CPA150円で勝負する手法

2007年9月 YSTアルゴリズム変更の分析

つい先日YAHOO(YST)のアルゴリズムが刷新されたことをこのSEOブログでも紹介しました。
そのアルゴリズムの変更に伴い、一番大きなポイントはリンク構造であるといわれ始めてきています。

分析をすると分かると思いますが、リンクを張っているサイトと張られているサイトの内容が違う場合はほとんど評価がゼロもしくはマイナスになっていると考えられます。

とくにSEOというキーワードで検索するとすごい変わりようです。
簡単にいうと、とりあえずリンク数をかせいだサイト達が急落しているようです。
上位のサイトはリンク元がSEOという内容のページがとても多いようです。

いわゆる”引用されるサイト”や”利用したい”サイトが強くなってきています。

キーワードによっては、1位がリンク数500個、2位が2万個というものもありました。

まとめると関連性のあるサイトからのリンクがとても重要ということです。
量より質!

SEOブログ BY CYBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。