スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

被リンク集め

あなたのブログやサイトのバックリンクを獲得するために何をしていますか?
まさかリンク集サイトに自動登録とかしてないですよね。

おそらくそういったリンクサービスだと無効リンクとなるようです。
しかし、最近被リンク対策をメインとしたサービスが開始したようだ。

そのサイトをみるとでかでかと「テキストリンクを買いませんか・売りませんか」と記載されている。
ここまでやられると気持ちが良い。

基本的には、Googleはテキストリンクの売買を禁止している。
おそらくこのサイトはリンク売買にあたるので、少し怖いというのが現状だ。

最近ブログを書いていると、とんでもないようなトラックバックがくる。
ブログにトラックバックしているブログを見てみると、どうやら勝手にトラックバックをしているようで、すごい内容になっている。

まともにトラックバックを書いてくる人などほとんどいないのが現状だ。おそらくバックリンク集めのためにやっているのだが・・

リンク集めはどうすればいいのかはこのSEOブログに記載してある。

はじめの一歩として、同じような内容の人のブログにコメントを書いて相互リンクしてみてはいかがでしょうか?

SEOブログ By CYBERTURe

【PR】CPA150円で勝負する手法

スポンサーサイト

最近のYST

2007年6月から現在まで・・どうやら全ページインデックス登録されるまでが長い。
クローラ自体にやる気がないのかどうか・・
SEOブログや掲示板等ではCSSの影響だ・リンクの影響だといわれていますが、実際のところはロボット君たちのやる気がないのでは・・

ロボット君たちの大好物サイトマップページにおいてもクロールに勢いがない。

まぁ気楽にまつしかないみたいだ。
ちなみにいっぱいバックリンクをかませばクロール率は高くなるけどね。


最近私が実験している事を教えたい。

この実験内容は斬新かつ、灯台もとくらし作戦だ。
【“最近のYST”の続きを読む】

【PR】CPA150円で勝負する手法

Googleのコメント WordCamp 2007

先日、WordCamp 2007においてGoogleのMatt Cuttsによる公演があった。
Googleは引数を持つ動的URLを基本的に静的URLと同様に扱っていることを明らかにしたようだ。
以前までは、引数のある長いURLはSEO上不利とされていた。
Googleヘルプでも静的なURLを推奨していた。
しかし、動的URLが静的URL同様に扱われたとしても、あまりにも長いURLはやはり不利のようだ。


また、ドメインのアンダーバーとハイフンの違いについても説明があった。
以下SEMチャンネルより

URLにハイフンを利用すべきか、それともアンダースコアを用いるべきかは、URL文字列にキーワードを埋め込むSEOの技術的手法において取り上げられる事項だ。例えば、「SEOツール(seo tool)」というキーワードであるウェブページを最適化したい場合、URL(ディレクトリ名あるいはファイル名)に「seo-tool」とした場合はキーワード"seo""tool"2語がURLに存在すると判断されるが、アンダースコアを使って「seo_tool」とした場合はそのまま seo_toolという文字列として扱われた。つまりseo toolというキーワードとページとの適合性が高いことをGoogleに伝えたい場合はハイフンの利用が推奨された。これは2005年8月のMatt Cuttsのブログ「Dashes vs. underscores」でも指摘されている。

ちなみにGoogleの今期の売上げは50%増と発表された。
とてつもない売上げで驚くばかりである。

このSEOブログの売上げは、0円なのでうらやましい限りである。

SEOブログ By CYBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEOmozが100万リンクを達成した秘訣

私の好きなブログ、WEB担当者SEOmozの記事に興味ぶかい内容が書かれていた。
被リンクを集めることは、SEO対策をする上でもとても重要なことだが、自然な被リンクで100万を集めることは神業に近い!

ちなみにSEOmozとはシアトルに本社があるSEO会社のことである。
http://www.seomoz.org/

100万リンクを集めるために必要な事、それはリンクをしてもらうことである。

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2007/07/19/1670
この内容を読んでもらえば、とても貴重な情報が手に入る。
このSEO会社が被リンクを集めた技術、それはブログである。
一つのブログだけで何十万リンクを獲得している。

しかし、ここからが私の見解だが、日本では自然なリンクをかき集めることが難しい。
海外特にアメリカ等と日本を比較すると文化が全くちがう。
アメリカ人の特徴として、社交的で参加的なところがある。
日本人はこの逆ではないだろうか。
この文化と習慣の違いが、検索エンジンにも影響している。

この内容についてはまた、次回詳しく書くとしよう!

SEOブログ By CYBERTURE


【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahoo(YST)アップデート

2007年の7月20日、Yahooは独自のサーチエンジンYSTのフルアップデートを行った。
SEOブログでの記録だと、前のアップデートから見ると結構な期間がたったと思う・・
たしか5月ぐらいだったと思う。

今回のYSTアップデートは
「YSTでは日本語処理やコンテンツ解析、その他機能の研究開発~検索結果が改善されます。」
とYahoo検索スタッフブログで書かれている。

もちろんYahooの順位にもかなりの影響が出てきている。
まだ、完全に順位が落ち着いていないので分析等が難しい。

毎年のことだが、Googleのページランク更新時期も、Yahooのアップデート時期も近いので、そろそろGoogleページランクの更新も間近ではないだろうか。

SEOブログ By CYBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahoo!Japanが2007秋にサイトリニューアル

ヤフー(Yahoo!Japan)が2007年の秋にサイトリニューアルをするようだ。
すでにアメリカのYahooではリニューアルが完了しており、日本のYahooでもそれと同じようなデザインになるといわれている。

一番の特徴としては、現在の横幅710ピクセルから950ピクセルになる他、コンテンツの配置等も大幅に変更となる予定。
このSEOブログ自体も800ピクセル以上あるが、このSEOブログよりも横幅が大きくなると思ってもらて良いだろう。

そして、メニューコンテンツの配置としては、メニュー一覧が左(レフト)に置かれて、メインコンテンツはニュースや最新の記事等が置かれるとのことです。

ここでSEOブログ管理人の私が一番注目したいところは、アイトラッキングを意識したコンテンツ配置になっているということだ。
私も確かなことは分からないが、おそらくL字型を意識している。

そこでアメリカのヤフーのサイトを見てもらいたい。
http://www.yahoo.com/

左上にマイヤフーとマイメールのアイコンボタンがあって、その下には先程いったメニュー一覧、その右にはYahooニュースが配置されている。
おそらくこの3つのコンテンツがYahooページの人気ページなのであろう。

さらに注目!検索バーが右に寄っている!
従来のデザインだと左側によっている!

つまり、検索するユーザーは左と右両方に視野が広がり、ページ内の情報を網羅できるようになるではないだろうか。

現在、日本のYahoo!Japanではα版が公開されている。今年の秋にはβ版が公開されてその後公式リリースとなる。

SEOブログでは順次このYahooリニュアル情報を追って説明したいと思う。

SEOブログ By Cyberture


【PR】CPA150円で勝負する手法

FC2の謎

おそらくこのブログを見ている人なら既にしっていると思うが、このブログはFC2ブログを利用して制作している。
FC2ブログは何かと無料で利用できてとても便利であるが、運営会社は謎につつまれている。

会社名 FC2,inc.
所在地 101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109
事業概要 ドメイン販売・ウェブホスティング・アプリケーション開発
ホームページ http://fc2.com/
E-mail fc2 @ fc2.us
電話番号 702-767-3005  電話での対応は行っておりません
代表者 Maurice Bannon
設立 1999年7月
取引銀行 Bank of America
決算期 毎年12月31日


おそらく、ラスベガスが本社だが日本での活動がメインなので詳細が不明である。
しかもSEOブログでも記載したが、運営サイト内での相互リンクだけでBigキーワードにおいてTOP表示されている。さすがだ!

そして一番気になるのが、FC2のYahoo登録カテゴリーが三鷹サッカークラブなのである。
中古ドメインでも使っているのだろうか。
SEOブログの管理人が一番知りたい事である。

しってたら教えてね・・

SEOブログ By Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahooブックマークの進化

つい先日、YAHOOブックマークが新たにパワーアップしました。
私も、YAHOO検索スタッフブログを見て初めてしったのですが、
Yahooブックマークは、サイトのタイトルだけでなくサイトの全テキストを丸ごと保存しているようです。

ブログの内容によれば、たとえサイトがリンク切れになったとしても、保存されたHTMLデータは消えることがないので、いつでも登録当時のサイトを見ることができるそうです。
しかも、その保存されたテキストは、個人用の検索エンジンでインデクシングもされるので、キーワードによる全文検索が可能とのこと。

最近、YAHOOの検索結果画面にYahooブックマークがでるようになったために、YAHOOブックマークの人気が高くなったようだが、はたしてブックマーク数が検索結果の順位に影響するのかどうかは不明である。

このSEOブログも数人の方にブックマークしていただいているが、順位自体に何も影響はでていない。

だが、YAHOOブックマークされているサイトは確かに内容が濃く、信頼できるサイトだということは確かである。
しかし、自作自演で行う会社も多いので100%信用はできない・・

SEOブログ By CYBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEO的儲かるサイト設計 SEOブログ

SEOしたのにもかかわらず、全く売上げにつながらない事例は数多くきいてきた。
訪問者数は2倍くらいになったのに、なぜ売上げにつながらないのだろうか!?
その答えは簡単だ。そのサイト自体がとてもつまらないからだ。

つまらないといっても、サイト内容が終わっているということではなく、内容がいまいちなのである。

ある商品を売りたいなら、その商品を買って欲しいと思わせるような内容でないとだめだ。

例えば、1個4980円の扇風機を売りたいとしよう!
もちろん検索エンジンで、「扇風機」と検索するとTOP10表示だ。

この場合「扇風機」と検索してきたユーザーが何を求めるかが、重要である。

「扇風機」という検索をするのだから、暑くて部屋に扇風機をおきたい人や、冷房との併用で冷却率の向上を考えて買う人。

つまり、その人たちの考えを理解して、扇風機を買ってもらえるような内容でサイト(ページ)を作る!

駄目な例としては

「○○製の扇風機!ホワイトカラーでお部屋においてもインテリア性バツグン!」

こんな説明なら買う気がおこらない。ユーザーとしては何も伝わらない

良い例としては
「これなくして夏を乗り切れるか!もう部屋にいても汗をかかない!この値段でこの冷却性なら複数台買ってもOK」

少し変な文章だが、この説明文には、ユーザーがもっている悩みと希望をうたっている。

「これなくして夏を乗り切れるか」・・7月の初旬でこれだけ暑いと、扇風機なしじゃ8月はつらいな!と考えます。
この説明で少し買ってみようかなと思います。

「もう部屋にいても汗をかかない」・・これを買えば、あの流れる汗から開放されるのか!買ったら夏を乗り切れる!

「この値段でこの冷却性なら複数台買ってもOK」・・そこまで安くないとおもうけど、複数台買っても安い値段なのかな~ とりあえず買ってみるか!


といった考えが瞬時に考え付くと思いませんか。

このSEOブログの内容を参考に、売れる文章を作ってみませんか。

SEOブログ By Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEOを頼むなら法人・個人 悪徳は法人か?

私がちょくちょく参考にさせてもらっている、SEM-Rで興味深い記事がのっていた。

大阪の読売新聞の記事にSEO関連の内容が記載されていたようだ。
その名前は

「検索で上位」のはずが・・・SEO業界団体に苦情続々
といったもののようだ。

SEO会社からレンタルされたソフトを導入したとたんに、順位が急落した事例や、途中解約できない仕組みなどが取り上げられている。

基本的に、法人といえども確実に順位を上げることはできない。
SEO自体に絶対といったことはない。

ガイドラインにそった修正等を基本に行っても確実に順位があがるといったことはない。

最近SEOサービスを始める企業が増えてきているが、ほとんどが危険な内容のサービスとなっている。

いろいろな記事に、SEOを頼むなら「法人」「SOHO(個人)」どっちが良いのかと記載されている。

普通なら法人だったら法人に依頼すべきだが、信頼できるSOHO(SEO)がいるならそっちに依頼しても問題はないと思う。

私が思うに、SEO会社の9割が素人レベルだと思っている。
基本的に、Googleのみの上位表示を狙っている法人はレベルが低いと言われている。
リンクサイトの管理さえすれば素人でもできるからだ。

Yahooで上位表示させてくる人はなかなかのレベルではないだろうか。

というのも、Yahooだけで上位表示させますといった法人会社がまれにあるが、クライアントからの評価が高い!

表向きに、うちのサイトはSEOしています!と発言するのはいかがなものか?!
セコムを導入してます!なら防犯上効果的だが、SEOを導入しています!といったところで何も効果はない!
むしろ粗捜しされてしまうのではないだろうか?!

SEOブログはSEO対策をしていないので特に問題はないが・・
自動車保険というキーワードで上位に表示されているサイトはほとんどがSEOを導入している。

調べると面白いかも・・

SEOブログ By Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEMニュース

最近、こぞっていろいろなインターネット広告サービスがリリースされてきている。
こういったサイトの半分は1年もしないうちにすがたを消す。
インターネット広告でも
OVERTURE、Adwords(Adsense)、マイクロアド、ぴたっとマッチはかなりのユーザー数がいるようで覚えていても損はないだろう。

インターネット広告サービスがあればもちろん、広告代理店も入り込んでくる。
しかし、この広告代理店の重要な業務である、広告枠の獲得作業が無くなるかもしれない・・

実は先日、ピッタというサイトがOPENした。
まだ、ティーザサイトであるがなかなか魅力的なサービス内容であった。
このSEOブログでもやりたいと思った!って何が??

簡単にいえば
広告主と掲載者が登録する仕組みとなっている。
掲載者は、自分のサイトやブログの広告枠の掲載金額を提示できる。
広告主は自分の広告をだしたいと思ったサイトと直接やりとりする!

つまり間に入る、代理店がいないということだ。

う~んサービス内容としてはベリーグッドではないだろうか・・

私の想像だと。テキストリンクがかなりの需要があるのではないだろうか。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

駄目なSEO会社 BY SEOブログ

SEO業者というものは最近多くなってきているが、ほとんど違いがはっきりしていなく、これから依頼しようとしている人には比較できない。
だがこんなSEO会社はやめといた方が良いとされるものははっきりとしている。

その中でもちょっと笑ってしまうほど露骨な悪徳SEO会社の実例を紹介しよう。

1、○○キーワードで、Google Yahoo ライブドア インフォシークでTOP5に入ったらそれぞれ20万円いただきます。

つまり4サイトで上位表示されたら80円である。

ちなみに、ライブドアとインフォシークはGoogleの検索システムを使用しているので、Googleで5位以内に表示されたら、ライブドア&インフォシークでもほぼ同じ順位表示となる。

おばかな悪徳すぎて、SEOブログ管理人も笑ってしまった。


2、必ず検索結果の上位に表示されるのでお任せください!
月々おおよそ10万円ほどかかります!

すごい自身である。
実際に保守が始まったと思ったら、アドワーズとOverture広告であった。
少し前の話なので、クライアントはSEOもPPCも区別つかなかったぼだろう。
PPCなら上位表示は間違いないだろうね。。


3、○■キーワードだと月間検索回数15000回ほどなので正直厳しいです。
「○■ 東京 安心」というキーワードがオススメです。
月額3万円ほどの保守費用です!

実際「○■ 東京 安心」というキーワードでの検索回数は0回であった。

これならタイトル直して、TOP表示間違いないであろう!

SEOブログ By CYBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。