スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

Overture入札価格チェックツール終了

本日、OVERTUREの入札価格チェックツールをチェックしたところ、ほとんどデーターが出力されない。
おそらく、7月9日の週からのPanama移行の影響で検索しても出てこなくなったのだろうか。

これでYahooの入札価格競争は終了したのではないか。
といえども、品質スコア中心といえどもそこまでの順位変動はないとも言われている。

入札価格チェックツールを使って、どのキーワードが高いのか探していた人には残念なことだ。だが、Googleキーワードツールを使えばだいたいの入札金額が分かる。

やはり金融、ローン関連はなかなかの高騰ぶりである。

なお、管理画面ではどのくらい入札すればどのくらいの表示順位なのか調べるツールがある。

日本で強いYahooはOVERTUREでかつことができるだろうか?

SEOブログ By CYBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

スポンサーサイト

重要!OVERTURE(品質スコア)移行は7月9日~

インターネット業界でも大注目の事と言えば、Overtureの新プラットフォームPanamaが7月9日の週に入札価格順から品質スコア順に変更になるということだ。
すでに知っている人も多いと思おうが、このSEOブログでもPANAMA関連情報はいろいろ告知してきたが、今回の移行が一番重要となる項目だ。

品質スコアを中心とした掲載順位決めになると多くの広告で大幅な順位変動がおこるだろう。

一足早くPanamaに移行したアメリカでは全体的にクリック率があがった報告もでている。

果たして、7月9日の週でどのくらいの効果がでるのか楽しみである。

また、今回の品質スコア方式への移行は本来なら、クラアント全ての移行後のはずであったが少し前倒しになった。

ということはこれに関連して「キーワード入札価格ツール」も終了するのであろうか?

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

これが悪徳SEO会社だ! By SEOブログ

SEOブログでもいろいろなSEOニュースやSEO情報を紹介していますが、やはり初心者やSEOを知らない人からすると意味がわかりづらいと思います。
人には聞けない初歩的な質問をここではこたえていきます。

本日のお題は
「GoogleとYahooどっちがSEOやりやすい?」
「SEO会社って料金が高くない?」



まずは「GoogleとYahooどっちがSEOやりやすい?」
に関してですが、結果からいうと同じぐらいです。
YahooもGoogle日本では人気の検索エンジンです。
しかしGoogleとYahooではアルゴリズムが少々違います。

SEOをやっている人なら少しは納得していただける例えですが、
「Google」は、若干の忍耐と綺麗な構成!
「Yahoo」は、全体の把握と微調整

こんなカンジとなっています。
ちなみにあまりよろしくないSEO会社だと
「Google」は、セッティング
「Yahoo」は、表向きとセッティング

つまり、YahooもGoogleも上位表示させるには相当な作業とガイドラインに沿った修正が必要となります。


続いては「SEO会社って料金が高くない?」

これに関しては、半分半分です。
安いところもあれば高いところもあります。

ちなみに高いところは、聞き返してしまうぐらいの金額です。
海外の超競合人気キーワードですと年間SEO保守費用&初期費用で、1億円をこすこともあります。

ここが重要です。
私からみて最悪のSEO会社のサービス規約は以下の通りです。

例えば
初期費用50万円
成果報酬(1日でも上位表示されたら)200万円
保守費用月額2万円

(一度もYahooもしくはGoogleで20位以内に表示されなかった場合は初期費用全額お返しします)


これが最悪SEO会社です。
つまりYahooもしくはGoogleで1日でも20位以内表示されたら50万円かかってしまいます。
(つまりGoogleで1日だけ20以内表示されるだけで50万円!)

1日でも1~5位に表示されたら200万円
(つまり1日だけGoogleで5位表示されたら200万円!)

保守2万円
(上位表示されなくても2万円!)


これに似たようなSEO会社があったら断りましょう!


By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEOに関する質問 BySEOブログ

よくある根本的なSEOの間違いや、いろいろな人からの質問を元にSEOブログを書いていきます。

今日は「テキストの重要性」と「どこまでSEOはできるの?」がお題となります。

まず、テキストの重要性ですが、少しでもインターネットを勉強したことのある人なら基本中の基本ですが、テキスト主体のサイトの方がSEO的に有利で、実は使いやすいのです。

検索エンジンクローラーが一番好きなものが「テキスト」です。
画像等も嫌いではないですが、好きでもないのが事実です。

ましてや、Flashや動画はあまりにも嫌いで拒絶反応を起こす場合もあります。

なので、「テキスト主体」のサイトはSEOには有利なのです。


「どこまでSEOはできるの?」
という質問が大変多く届きます。
一般人やSEOを全くしらない人からすれば、サイトを上位表示させることはまるで「マジック」のような目で見てると思います。

たしかに、100万件もあるページの中から自分のサイトが見事1位に表示されたら鳥肌がたちます。

ただSEOはできる範囲があります。
基本的にはしっかりとしたサイトでなければSEOは難しいです。

SEOはチューニングです。
つまりあらかじめしっかりとしたサイトがある事が前提となります。

予め、車があるから改造というものができる訳で、エンジンと窓ガラスが無い車だけもってきて改造お願いしますといわれても、車をしっかりと作らなければいけなくなります。

しかし、SEOはなんにも無い状態から仕掛けていくこともできます。

建売住宅を買ってあとから希望通りにリフォームしたら、余計なお金がかかってしまいます。
なら初めから、注文住宅で家をたてれば無駄出費がなく、理想に近い家ができます。


By SEOブログ

【PR】CPA150円で勝負する手法

不思議なSEO会社(斬新、最新、悪徳、悪質、)

SEO会社というものは日本にもたくさんあるがどこがどのような会社なのかをすぐに見極めるのは難しい。
正直、クチコミや知人の紹介等からSEOを頼むことが多いと言われている。
そんな中でも、つい最近面白いSEO会社なるものが紹介されていた。

その名も「SPO(セールスプロモーションオプティマイゼーション)」というSEOをもじったようなサービスである。

なんと短期で上位表示させてしまうSEO会社である。
2週間で上位表示させることができるらしい!
YahooもしくはGoogleとなっている。

普通のSEO会社でも2週間で上位表示できるキーワードもあるが、やはり1~3ヶ月ぐらいはかかってしまう。

私もSEOフォーラムなどでいろいろなお話をさせてもらうことがあるが、こようなサービスは未だかつてなかった!

その理由はスパム・ペナルティー対象になる手法が必ず使われるからだ。

私も2週間で上位表示させることができる!
ただやらない!
なぜなら非常にリスクが大きいのと、Googleが禁止している手法を使うためだからである。これをSEOといってはいけない!


いわゆる短期での被リンク爆弾である。
2週間で10000リンクほどのリンク数が確保できれば、どんなサイトでも上位表示できる。その対策にかかる時間はわずか10分ほどではないだろうか。
しかし、その後が問題だ!上位表示された後、もしくは上位表示されることなく圏外まで引きづられていく可能性が非常に高い!
このSPO会社がそのような手法をつかっているかどうかはコメントできないが・・

これだったらSファクトリーが運営している、なんとか2を利用する方が安くすむのではないだろうか!
なんとか2もGoogleガイドラインに反しているといわれるサービスだが、現在のところそこまでのペナルティー報告は聞いていない。

安心で綺麗なSEO対策したいなら、「短期」や「必ず」とうたっているSEO会社を避けることから始まる!
自己判断でテキストリンクを購入すること自体、私からはなにもコメントはしない。



【PR】CPA150円で勝負する手法

SEOを魔法の術と思っていませんか?

みなさんはSEOをとても難しく考えていませんか。
SEOをまるで魔法の術のように、不思議なものと考えていませんか。
実はSEO(検索エンジン最適化)対策は、上位に表示されることをかんがえるのではなく、検索エンジンが推奨している事を反映してサイトを作れば良いのです。

Googleのウェブマスターガイドラインに記載されていることを隅々まで読めばきっと検索エンジンにやさしいサイト構造が分かると思います。
このSEOブログは完全にSEOを無視しているので参考にはなりません。

SEOブログの中でも一番気をつけていることは、みなさんに知ってもらいたい情報をきちんとブログに書いていることです。

このブログではうまく説明できませんが、おそらくあなたが書いているブログの記事の中には2行ぐらいで終わっている記事はありませんか。

実はそういった記事はブログでのSEO対策ではマイナス要素となってしまいます。
詳細はGoogleガイドラインを参考にしてくださいね。

あなたが伝えたい事を文字(テキスト)にしてあげればそれで良いのです。

伝えたいことをテキストにして、GoogleやYahooのガイドラインに沿ってサイトを制作すれば、OKです。

もちろん競合が多いサイトならこの対策だけでは無理かもしれません。
そういった場合はSEO会社に頼んでくださいね。

今日から始めるSEO対策 といった参考書を買ってみるのもいいかもしれません。
少しは役にたつと思います。

このSEOブログを読めばさらなるセルフSEO対策ができると思います。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEOの勘違い(悪徳SEO会社の見分け方)

つい先日、YAHOOオークションが終了しました。
Yahooオークションといっても、アメリカのYahooの話です。

今回の内容は初心者が勘違いしているSEOについてです。
SEO会社に頼めばどんなサイトでも上位表示してくれると思っている人は多いと思います。
正直に言えば無理なサイトも多いです。

フルフラッシュサイトは無理です。なぜなら検索エンジンが内容を読まないからです。
フルフラッシュサイトでSEO対策できますといっているSEO会社は基本的にスパム会社なので要注意です!

フルフラッシュサイトでも上位表示させることはスパム手法を使えばはっきりいって可能です。
404ページでも可能です。

通称Google爆弾と呼ばれる外部リンクのみでの対策なので、SEO会社からのリンクが切れると同時に圏外にいってしまいます。
Yahooではかなり上位表示される可能性は低いでしょう。

SEO的に最悪なサイト構造のサイトは、SEO会社からすれば最悪です。
修正するのにプログラムの修正や全ページの修正が必要となるので、多くて1000万円ぐらいの初期費用がかかることもあります。

SEOを全く知らないプログラマーが作るサイトを、後から修正することは非常に大変だとどのSEO・SEM会社もいうことです。

ドメイン取得から半年たっていないサイトでビックキーワードを狙ってSEO対策するのも非常に大変です。
まして、ドメイン取得から3日のフラッシュサイトのSEO対策となればまともなSEO会社なら断ることでしょう。

サイトを全体をガイドラインに沿って修正し、さらにSEOチューニングをするとなると相当な時間とコストがかかってしまうので、安価が売りのSEO会社はこのような対策をしません!

つまり外部リンク対策と誰でもできそうなテキスト文章1行追加ぐらいです。

あなたもSEOを頼むことがあるならこのような点に注意しましょう

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

クローキングはスパム?合法

クローキングという技術をしっているだろうか?
特定のIPやUAからきた訪問者に対して違うページを見せることでさる。
しかし一昔前のSEO会社はこのクローキング技術を利用して不正にサイトを上位表示させていた。

このSEO会社が行っていたクローキングは、YahooやGoogleのロボットIP・UAだけはSEO対策したページにいかせるといった騙しテクニックだった。
つまり人間が普通にアクセスして見るページと、クローラーが見るページが全く別物だったということである。
これがいわゆるIPクローキングと呼ばれたスパム行為である。

しかしここで勘違いしてほしくないのは、クローキング技術自体全てスパムになるということでわない。
携帯サイトではPC・モバイルをアクセスIPから判断して各々の専用ページに飛ばしている。
これもクローキングだ。
これはスパムなんかではなく、れっきとした正当な技術である。

ほとんどのSEOサイトやSEO書籍等ではクローキング=スパムとして記載されている。

又、サイト構造等によってはクローキング手法を用いることによって、検索サービスの利便性の向上やユーザビリティの向上に繋がることもある。

ただ単に クローキング=スパム と思い込むのは素人である。

Googleも表向きにはクローキングは禁止と書いてあるが、よくガイドラインを読んでみると矛盾だらけでグレーな書き方である。

「ユーザーを騙すようなコンテンツや、「クローキング」を行って検索エンジン用とは異なるコンテンツを表示しないでください。 」

と記載されているが違うところでは

「隠しテキストや隠しリンクを使用しない。
クローキングや不正なリダイレクトを行わない。 」

と記載されている。

つまり検索エンジンを騙すような悪質なクローキングは禁止だよ!(正当な理由でのクローキングならOK)!
っていいながら
クローキングは絶対禁止!

Google社員も少し日本語の勉強をするべきではないであろうか。

とっても良いサイトという定義をGoogleもYahooも理解できていないせいか、不正に上位表示できるような技術をスパムと呼びすぎである。スパムを見極められない検索エンジン会社のレベルの低さが問題である。

この内容と同じことが書いてあったのでぜひどうぞ
http://www.sem-r.com/22/20061116200024.html

Yahooに関しては自らが悪質なクローキングスパムを行っていたので、Googleは即刻Yahooをインデックス削除するべきだった・・
(ちなみにここでのYahooはアメリカのことです)
しかし何にもなかった!
公平な検索エンジンGoogleは本当に公平なのか

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEM・SEOの最先端

先日、東京ミッドタウンで行った、「Net Marketing Forum2007」に参加してきた。
とても多くの来場者があってスピーチにも大分力が入った。

今回のフォーラムでは有名な企業が初めにカンファレンスを行った。
コカコーラやGoogle・OVERTUREや三井ダイレクト。

コカコーラ社に関してはさすがと思うほどのマーケティング力であった。マスメディアをWEBをクロスさせる「クロスマーケティング」力には関心してしまう。
まぁマスメディアを気持ちよく利用できる程のお金があってこそだが。

最近TVコマーシャルやつり革広告でも多く見るとおもうが、「検索バー」というものが併用されている。

いわゆるクロスマーケティングの一種であり、WEBへと最終的にはユーザーを誘導することである。

もちろんただたんに検索バーに自社サービスの名前を入れても面白くない。
ユーザーが検索モチベーションを高めるためには「探究心」というものをあたえなければいけない。

「えっなんで?」「TVだけじゃよくわからない!」「CMで出された答えが知りたい」などいろいろな方法があると思う。


もちろん中小企業などはTVコマーシャルをうつ金銭的余裕など全くないと思う。
ではそんな予算が低い場合はどのようなクロスマーケティングがあるだろうか。
0円でTVコマーシャル並のPR効果を生み出す方法とは?


続きはクリック

By seoブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

ECサイトの売上げとSEM

ECサイトを運営している人の中にも多いと思うが、売上げをとるにはどうすればよいのか。
ECサイトを立ち上げ半年ほどたつが、全く売れない現状でさらには在庫を抱えてしまいランニングコスト費用で胃が痛くなることが多いと思う。
ECサイトというのは簡単に始められて起業がしやすい。
しかしSEMやマーケティングの視点からいえば、かなり難しいサービス形態であるといえる。
そもそもECサイトを立ち上げれば、多くの人が買っていく といった素人的考えでは駄目だ。

まず広告や売上げ対策のための費用を考えなくてはならない。
リスティング広告やSEO、クチコミ、マスメディア全て利用するのが一番良いと思うが、実際にお金がかかってしまう。

立ち上げ当初でまず優先的にやるべきPR方法はなんだろうか?

①リスティング広告
②SEO
③バナー広告
④アフィリエイトプログラムへの参加

さぁ あなたならどれからやる?

平均的に良いのは、
まず①のリスティング広告、次が④のアフィリエイトプログラムへの参加、そして最後がSEOであると考えられる。
ちなみにバナー広告は費用対効果を上げるのが難しいので、大金を手に入れたら考えよう・・

では最初にリスティング広告をやる理由はなんだろう
答えは簡単だ、上手な運用をすれば黒字になるからだ。
1万円をだして1万5000円を稼ぐこと!
黒字&知名度&リピーターを確保できる!

次はアフィリエイトプログラムへの参加である。
これもうまく運用すれば黒字になる。

最後はSEO!
SEOは新規ドメインの場合だと上位表示されにくいので、半年ほどたってから導入するのが良いと思う。
ここで注意したいのが、悪徳SEO会社にぼったくられないようにすることだ。

このSEOブログに書いてある内容を全て読めば相当なSEO知識がつくと思う。
SEO知識がある状態でSEO会社に依頼すればだまされることもないだろう。自分でSEO対策するのも良いだろう。
ただし競合キーワードだと、SEO会社に頼まないと難しい。

SEOブログに書いてあることを全て把握できるなら個人でのSEO対策は可能である。
しっかりこのSEOブログで勉強してほしい。

がんばってECサイト収益をあげましょう

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

YAHOOがスパム クローキング!

とても驚くべき事件がおきた!
なんとあの米Yahooの自動車ページでスパム手法を使っていることが判明した。
Yahooといえば検索エンジンYSTで有名だ。
この検索エンジンの総本山である米YAHOOがクローキングスパム手法を行っていたのだ。

クローキングスパムとは、ある特定したIP・ユーザーエージェントから来た訪問者を専用のページに導くことだ。
ここでの特定とは、YSTのクローラーのことだ。

このとても気になる記事はWEB担当者に載っていた。

「Agerhartの記事では、自動車ページのナビゲーション画面で、検索ボットに見せるページと、普通のインターネットユーザーに見せるページのスクリーンショットを並べて掲載している。なるほどボットに見せるページは、「Used Cars(中古車)」という語句で一杯になっているけど、人間用のページには同じ語句が4回しか出てこない」

う~んこれはあきらかにスパムであろう。
テキスト主体のYahooならではのスパムではないだろうか。

巧みなスパムを考えてSEO対策をするのならすばらしいコンテンツを作る事に時間をかけるのが一番のSEOではないだろうか。

By SEOブログ Cyberture




【PR】CPA150円で勝負する手法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。