スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

Panamaの行方(Overture)

SEM関連に詳しい人なら既に知っていると思うが、Overtureは旧スポンサードサーチから新プラットフォームPanamaへ移行している。

このPanamaに関しては多くの情報がWEB上に走り回っているが、実際はどんなことがすごいのだろうか。

簡単に説明すると、新しいOvertureではクリックスコアを導入している。
GoogleAdwords等では以前から導入されていたが、単なる入札価格による順位決定ではなく、多くの要素を踏まえての順位決定となる。

旧Overtureではあるキーワードで入札して上位表示されたければ、1クリックあたりの入札価格を一番高く設定するだけでよかった。
しかし今回の変更では、入札価格が高くても上位表示されない。
広告自体のクリック率やクリック後の離脱率、表示回数等のスコアから総合判断されて順位決めがされる。

しかしここで少し疑っているのが、どのキーワードが人気があるか分からないことである。
以前ならキーワードアドバイスツールでキーワードボリュームを探せましたが、今となっては更新がおわってしまい正確な数値がわかりません。

しかも新管理画面でのキーワードツールはボリュームがグラフででるのですが、相当アバウトなので使う気がしません。

穴場的なキーワードを探すのはとても難しくなりました・・

キーワード選定は慎重にやりましょう。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

スポンサーサイト

ピタットマッチ(ぴたっとまっち)という最強の広告

ピタットマッチぴたっとまっち)という新コンテンツマッチ広告がリリースされました。
このピタットマッチぴたっとまっち)は従来のコンテンツマッチではなく、ユーザーマッチというのを採用しているそうです。


SEM業界も注目の新型広告です


一番の魅力は

①理由無きID削除がありません。

②アドセンス級のキーワードマッチを演出!

③永久Aランクプレゼントキャンペーン中!

④2ティアが10%ももらえます!

⑤ユーザーマッチシステム導入のため高クリック!

⑥1クリック単価は日本最強設定!


1クリック単価が本当すごいようです!!


ピタットマッチ(ぴたっとまっち)は高クリック! 

高収入!が

期待できると評判のようです。


もうアドセンスのように突然のID削除なんかにおびえることもなく

ID削除されないようにおさえめなサイトデザインで苦労することも無いとのこと。




広告を掲載する人もすごい費用対効果が期待できるようです。

不正クリック監視はもちろん運営会社のマージンも大分低く設定されているので期待度は非常に高いのではないでしょうか。

オススメの最強広告ピタットマッチ


【PR】CPA150円で勝負する手法

OVERTURE推奨認定代理店とは

Overture(オーバーチュア)といえばPPC広告等でしられている起業だが、OVERTURE代理店とはいったどういったところなのか!
簡単にいえばOvertureと代理店契約をしてPPC広告等を運用することだ。
代理店は3階層に分かれており、「Overture推奨認定代理店」「Overture認定代理店」「Overture契約代理店」となっている。
その中でも一番上のクラスの代理店が「Overture推奨認定代理店」となっている。
現在は9社が推奨認定代理店として認定を受けている。

株式会社アイレップ(去年上場した注目の広告代理店系企業)
アウンコンサルティング株式会社(社長のビバなんとかブログが粋)
株式会社オプト(比較サイトの運営が絶好調!?)
株式会社サイバーエージェント(元嫁さんが芸能界引退)
トランスコスモス株式会社(いったいなにをコアとしてる会社か不明)
株式会社NIKKO(さっきしりました)
株式会社メディックス(こちらも同様)
株式会社フルスピード(サイト制作からサイト運営に移行?!)

個人的にはこの推奨認定代理店がどういった条件で定められているかがわからない。
ただ推奨認定代理店なら相当なOverture広告の知識を持っているに違いないと思う。
ただ、PPC広告は自分で出稿するのも良いと思う。
いろいろな書籍等を参考にして運用するのもこれからの時代は良いのかなと思う。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

OVERTURE(オーバーチュア)キーワードアドバイスツール終了

OVERTURE(オーバーチュア)が提供していたキーワードアドバイスツールが5月25日をもって正式サポートを終了させた。
http://blog.overture.co.jp/blog/200705/30/

OVERTUREが提供していたキーワードアドバイスツールに関しては少し前から終了するような噂がとびかっていた。
このSEOブログを見ている人ならほとんど知っていると思うが、
OVERTUREのキーワードアドバイスツールは1ヶ月間のキーワード月間検索回数を調べられる便利なツールだ。

SEO会社やSEM会社もこのツールを使っておおよそのトラフィック量を調査しているようだが、このキーワードアドバイスツールが無くなってしまったらどうするのか・・・

一応OVERTUREは管理画面ログイン後に、キーワードツールが使えるようにしている。しかしそのツールは月間検索回数は出力されずトラフィック量がグラフとして出力される。

しかしこのSEOブログでも以前に紹介した記事「OVERTUREオーバーチュアキーワードアドバイスツールは終了?!」でも紹介したが、海外のYSMでは終了ではなくてとりあえず更新をしていないといっている。
今年~来年にかけては、キーワードアドバイスツールをさらにパワーアップして提供するようなこともいっている。

又、7月8月にはOVERTURE(オーバーチュア)の入札価格チェックツールも終了となる予定だ。
新プラットフォームPanamaは品質スコアを組み込まれたものなので、単に入札価格で掲載順位が決まるわけではない。
というわけで、無くなることが自然であろう。

SEOをする上でもキーワードアドバイスツールは必須のツールであったが、情報が更新されなくなってしまったらとても不便になるであろう。
これを気にSEO業界はどう動いてくるか楽しみだ。

By SEOブログ CUBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahoo(YST)のインデックス更新 ペナルティー

昨日ぐらいからYahoo(YST)のインデックス更新が続いていることは昨日このSEOブログにもかいた。
一晩たってみるとあちらこちらの掲示板でたくさんの情報が集まっていた。

順位が急落してしまった人や、全く検索されなくなってしまった人、順位を上げた人。
順異変動がおきる際には相対的に、順位が上がった人と下がった人はいるものだが、今回の更新はいったいなにを追加修正した変更だったのだろうか。

SEOブログんも記載されているが、GoogleとYahooはテキストリンクでお願いしますとガイドラインで記載している。
つまり画像リンクだけではクロールしづらく評価も低くなるということだ。

まぁそういった意味でテキストリンクが無いサイトは全体的に下がったのではないだろうか。
あとは、ドメインの取得経過日数のポイントを下げて更新頻度を高めたのではないだろうか。これはあくまでも推測だがかなり濃厚かもしれない。

SEOに熟知している方あら既に気づいているかもしれないが、ある一定のキーワードで4月から全く上位表示されなくなったサイトがある。
そうウィキペディアだ。
たしかウィキはなんかしらのフィルターを入れて上位にあがらなくしたと聞いている。

つまり昨日の更新でウィキが上位に上がったということは、ウィキペディアが最大の武器、更新頻度とサイト内テキストリンク・ページ数のどれかが評価増になったと考えられる。

あとはサイト全体のテーマが統一されているサイトも比較的上位にあがったように思える。

上記のことから推測すると、テキストリンク大目でサイト全体のリンク構造をもっているサイトが評価高め、更新頻度とリンク増加したサイトも高めということだ。

今回の順位変動はまだまだ落ち着いていないので結果を待とう!

By SEOブログ CYBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahooスパムの回避とSEO会社

本日、Yahooの検索結果で大きな順位変動があった。
おそらく更新があったのだろう。
Yahooの順位変動は頻繁に行われているため特に大幅な順位変動はなかったと思う。
今回の順位変動とは関係ないが、アイヌ地方にある某SEO会社がYahooスパムペナルティーを受けて圏外に飛んでしまっている。
おそらく更新を高めるプログラムかもしくはリンク的な問題があったのではないであろうか。
その某SEO会社とnoscriptで相互リンクしている状態なのでクライアントサイトも圏外にいくつか飛んでいた。

ここにきてYahooもペナルティーを与えることに躊躇しなくなってきた。

Googleは意味の分からないペナルティーが多くて少し困ってしまう。

このSEOブログも特にSEOはしていないがここ数日アクセスがのび始めている。

ペナルティーを受けないためには、スパム手法を使わないことだが、きづかないうちにつかってしまう事や認識されてしまうことがある。
Googleのミラーサイト扱い等が良い例ではないだろうか。

SEO会社の場合、SEO対策したサイトは基本的にいじらないように設定している。
せっかくSEO対策したのに、クライアントがいじってしまったら意味がない為だ。

サイト全体のSEO対策をしなくてはならないキーワードもあるが、おそらくそのようなキーワードでのSEO対策費用は初期だけで100万円はくだらないと思う。SEO対策は一度サイトを最適化してしまったら保守が切れてもしばらくは上位にいるため妥当な価格だと私は思う。

以上のことをまとめると、SEO会社のせいでペナルティーを受けてしまったら違うSEO会社に相談してみよう。
又、SEO対策する際に費用対効果を十分計算してから始めよう。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahoo!SEO対策の究極奥義!!

YahooのSEO対策

YahooのSEO対策といえば「サイト内対策」と昔から言われており、
Googleはページランク構造に基づく理論の為「外部対策重視」と言われている。

4月にYahooは検索プログラムの大幅変更を行った影響で検索結果に大幅な順位変動がみられた。


検索結果順位については、順位が上がるサイトもあれば下がるサイトもある。
4月からのプログラム変更で上位に上がってきたサイトの特徴として、
「ドメイン取得経過日数」が多いサイトやテキスト主体のコンテンツサイト
があった。そのほかにもいろいろ理由はあるが・・

今までずっと検索結果の上位に居座っていた、総被リンク数が何十万もあった
老舗のスパムサイト達は順位を落としていった。

Googleでも数ヶ月前から上記と同じような事がおきた。

おそらくリンクの増減についてのアルゴリズムが強化された為であろう。
総リンク数が何十万もあるサイトでもリンク増加の勢いが止まってしまえば
順位が落ちてくる。

つまり、故意的な外部リンク対策をしてもリンク増加の調整までやるのは難しい
ので、長い目で見ればマイナス効果となってきてしまう。
ユーザーがリンクしたくなるようなサイトを構築するしかないのではないか。

GoogleとYahooのガイドラインを見ると分かるが、テキスト主体のコンテンツを
つくりなるべくリンクも画像ではなくテキストにするように説明している。

上位に表示されるようにするためにはテキスト主体のサイト構成を視野に置かなければ
上位表示は困難になってくる。

一番SEOに強いサイトはTOPページがサイトマップのようなテキスト主体のデザインで
さらにページ数多めであることは明白である。

YahooのTOPページやW3CサイトのTOPページが現在一番理想に近いサイト構造に見える。

フルフラッシュサイトでもバックリンクだけで上位表示させることは可能だが、
今年後半にはそれも厳しくなってきそうだ。


YahooとGoogleのSEOスコアは以下の通りである。

①ドメイン取得経過日数

②ページ内テキスト密接度、量

③サイト内テキスト密接度、量

④サイト内リンク

⑤サイト外リンク

⑥バックリンク

⑦CTR


②と③に関してはタイトル&メタ&テキスト量の密接度(共起)や重要度を判断
④サイト内でのリンクがきちんとできているか。テキストリンクだと効果あり
⑤サイトテーマに似たようなサイトに対してのリンクを見ている。
⑥バックリンクの数だけではなく、リンクの質も重要視している。
⑦クリック率も見はじめている。


このSEOブログ自体にはSEO対策はほとんどしていない為説明するのが難しいが、
ブログ機能としてのカテゴリはSEO上では効果が高い。

以上のことを考えながら、サイトやブログをSEOしてみてはどうだろうか。

By SEOブログ Cyberture





【PR】CPA150円で勝負する手法

overtureキーワードアドバイスツールの終了?!

先日から一部の情報で、Overtureが提供しているキーワードアドバイスツールがなくなるという噂が立っている。
正直、私もこの記事を見たときは衝撃をうけてしまった。
しかしいろいろ調べてもそのような情報が全く出てこなかった。
しまいには直接Overtureに電話してしまった。

Overtureからの返答は
「そのような事は現在のところは無いです。キーワードアドバイスツールがなくなるという事は現在のところはないですが、入札価格チェックツールに関しましては新プラットフォーム以降完了後に無くなります。

だった。
Overtureもキーワードアドバイスツールがなくなることをしっているが、まだ公にはこのような回答をしているのでは?!

と思い海外のOverture情報を検索してみた。

既に新プラットフォーム「Panama」が完全移行されているUSAアメリカではまたKST(Keyword Selector Tool)はあった。
その情報をたどっていくとおもしろい記事があった。

「Yahooは言う、Overtureキーワードツールまだ死なない」
http://www.searchenginejournal.com/yahoo-says-overture-keyword-tool-not-gone/4344/

インターネットの周りにおよそ10年間の間のKeyword計画と検索マーケティングの主要部分であるKeyword Selector Toolを取り消すYahoo検索マーケティングに関してレポートが今日、ありました。

検索マーケティング世界のその地域、およびそれに依存するツールを感じるのは埋められていました; 私はYahoo検索のマーケティングTeamとジョン・スレイド、Srと共に危惧に対処しました。 ディレクター、Yahoo検索マーケティングと備え付けることのアウトがそんなにそのようのGlobal Product Managementはケースではありません。
~中省略

「最初に、そのYahoo!をはっきりさせたいと思います。私たちがそれを改良品に取り替えるまで、検索マーケティングの公共のキーワード研究道具(以前、Keyword Selector Tool)は、今日、存続して、存続するでしょう。 残念ながら、この無料のツールの反応性はそれが毎日受けるヒットの莫大な量のため減少して、したがって、ブラウザは意味するかもしれません。タイムアウトとエラーページは現れるかもしれませんが、それは、このツールが取り外されたのを意味しません。」

あれ?!システムの不都合でダウンしたけどなくなるわけではないよ
っていっています。

「Q: 新しいYSMツールかAPIを提供する何かプランがありますか?」
「A:Yahooには、Yahoo!を通して接待されて、私たちのAPIパートナーにとって、利用可能であるだろうという新しい公共のキーワード研究道具を提供する計画があります。 私たちは、今年後でこの新しいツールを利用可能にするのを計画します。」
あれっ?!更なるツールを提供する予定なの

ということでおそらくなくなることはないのでは・・

By SEOブログ CYBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEOを視野に入れたクロスメディア

最近よく「クロスメディア」という言葉を耳にすることが多い。
SEOブログの管理人もそこまでは詳しくはないが「クロスメディア」とは

種類の違ったメディア同士の組み合わせによって生まれるシナジーを利用して、ターゲットとのコミュニケーションをより深くする方法です。
ホームページをコアとした場合には、それ以外のメディアからそこにアクセスを集めます。
クロスメディアでの例
・オーバーチュアなどのリスティング広告(PPC広告)と、WEBサイト。
・メール(メルマガ)と、WEBサイト。
・モバイル(携帯電話)と、WEBサイト。
・フライヤー(チラシ)と、WEBサイト。

つまりWEB・ホームページをコアとしていろいろな販促を仕掛けることです。
このSEOブログもメルマガとセットで「クロスメディア」を行っています。

そこで「クロスメディア」とSEOの上手な取り組み方法としては、SEO対策するうえで必須の外部リンク対策を、ただのリンクではなくコンバージョンが高くなるようなリンク場所を探すとよいのではないでしょうか。
かなり難しいと思いますが・・

SEOの最終目標はコンバージョン率の増加とトラフィックの増加だと思います。
ただ上位表示されるだけでは駄目です、上位表示された結果トラフィックが増加してコンバージョンもあがるというような設定をしなければもったいないですよね。

ぜひSEO対策とクロスメディアで最強のシナジーを生み出してください。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEO会社の裏表

SEO会社と聞いてみなさんはどのようなイメージを浮かべるだろうか・・
WEBのスペシャリスト!胡散くさい!高すぎて怖い!
いろいろな意見があると思うが、おそらくほとんどの方はWEBのスペシャリストだと思っていると思う。
その考えはまさに正解である。中には常識はずれの保守費用を取るSEO会社もいるが・・

ではWEBスペシャリストとしてのSEO会社はどのような業務をしているのだろうか?

①上位にサイトを表示させる

②毎日検索エンジンのアルゴリズムを解析している

③毎日クライアントのサイトを見守ってくれている

上記の3つは当たり前の事だが、このほかにもSEO会社があってよかったといわれた事例をあげましょう。

Googleで長い間ずーとTOPページに表示されていた会社(サイト)がありました。
ビックキーワード検索で上位表示されているのでかなりのアクセス数があり売上げも好調でした。
しかし、ある日を境に全く検索エンジン上にサイトが表示されなくなりました。
Yahooでは80位、msnでは20位なのでGoogleでの2位表示に比べればアクセス数はがたおちです。

その会社はしばらくすればきっと戻るだろうと思っていたのにもかかわらず、結果は一緒でした。

普通ならこの会社はつぶれるでしょう。
しかしこの会社はSEO会社に連絡をしてSEO対策を行いました。
なんで表示されなかったの理由もスグに分かりました。
オリジナルページが全くなかったのでペナルティーを受けていました。

サイト全体を修正して2ヶ月ぐらいしたら順位がどんどん上がってきました。

その会社はもとの売上げに戻りめでたしメデタシ!

この内容の通り、一般の人はなぜサイトが下落したのか分からない!
そんな状況を打破できるのは相当な知識を持った人しか対処できない

つまりSEO会社はそういったトラブル的なものも対処してくれる。
有る意味ドクターとでもいえそうだ。

知っていて順位が急落するのと、知らずして順位が急落するのでは訳が違う!
こういったトラブル的な相談でもSEO会社はもちろん料金をとると思います。病院の診察と一緒ですね。。
異常がなくてもとられますから!

弁護士さんと一緒で、いれば心強いですよね!

ITドクター&弁護士=SEO会社

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。