スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahooクローラのホスト名が変更

Yahooクローラのホスト名が
"inktomisearch.com"から"crawl.yahoo.net"に変更になるようです。
We are moving our crawler from inktomisearch.com to crawl.yahoo.net.

尚、ユーザエージェントは"Yahoo! Slurp"を引き継ぐとのことです。
The user-agent will continue to be Yahoo! Slurp・・・

SEO対策等でDNSアクセス制限等をしている人は変更しておいた方が良いでしょう。

Yahooクローラのホスト名が変わるということは、順位付けにも影響がでてくるのであろうか。
SEO対策をしている人にとってはちょっと心配だろう。

Yahooサーチ公式ブログ
http://www.ysearchblog.com/archives/000426.html

ちょっと話しがづれるが、4月1日はエイプリルフールである。
この日は、Yahooやライブドア等のサイト上におもしろい記事等が毎年掲載されるので見て欲しい。

今は無き"ホリエモン"がいたライブドアのエイプリルフール特集記事に関心が集まるだろう。

尚、SEO的にもこの日を狙って、上位表示させてくるサイトもいくつかあると思う。
「エイプリルフール」と検索してみよう!

【SEOアナリストの今日の一言】
SEO対策はあわてず落ち着いて!

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

スポンサーサイト

Yahoo SEO対策 基本編

YahooでのSEO対策をする上で重要なのは、キーワードです。
上位表示させたいキーワードを文章にしていくことです。

例えば
「自転車 修理」というキーワードでSEO(上位表示)させたい場合、まずサイトのテーマがターゲットキーワードに関連しているかが重要です。
サイトテーマが「ダイエット」なのに「自転車 修理」というキーワードでSEOさせるのは表向きには無理だ。

もっともSEOスパムといっても過言ではないだろう。

全ての検索エンジンに共通するアルゴリズムは「検索キーワード」に対してどれだけマッチしたサイトを提供するかということだ。

では、Yahooで「自転車 修理」というキーワードでSEOさせるための基本SEO対策を紹介しましょう。


①まずはタイトルにキーワードを丁寧に入れてあげることです
例)「自転車修理の専門店 ○○○商店」

A こういったタイトルだと、とても分かりやすく"検索エンジン""ユーザー"共に検索キーワードとマッチしていると判断しますね


②コンテンツを作り込む

A タイトルが「自転車修理~」なら本文もそれに準じた内容でないと、良いサイトとはいえないので「自転車修理」に関連する内容にします。


③自転車修理に関して書いているサイトなら、自然と
文章中の「自転車」「修理」というキーワードが増えてくると思います。文章はSVOCにならって分かりやすくしっかり書きましょう。


④Yahooでは文章構造を修正すると順位変動がおきることもあります。

例)ブッシュ大統領は偉大な大統領の一人です。

例)偉大な大統領の一人にブッシュ大統領がいます。

どっちが"ブッシュ大統領"に関してSEO的にマッチした文章か?!


By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

Googleペナルティ事例

掲示板などで、自サイトがGoogleでペナルティを受けてしまって検索されないということが書かれている。
Googleにおいてのペナルティは大きく3つに分けられると思う。

①隠しテキストや隠しリンク

②同一ページの多出現

③ペナルティサイトとの相互リンク

これ以外にもテキスト詰め込み等があるが、これについてはペナルティを受けた瞬間に原因が分かるので・・


①隠しテキストや隠しリンクでのスパム(ページ削除)事例は多々ある。これについては意識していなくても結果としてスパムとして認識されることが多い。

②同一ページの多出現は、最近かなり事例が多い。良く3カラム構造のサイトやブログにみられる現象だ。
テンプレカラムのコンテンツ量に比べて、本文コンテンツが少ない為におきてしまうペナルティだ。

③ペナルティサイトとの相互リンクは高い確率でペナルティが与えられる。これについては判断が難しいので非常にやっかいなペナルティだ。
なので相互リンクはしっかりとしたサイトとやりましょう。


ペナルティサイトからのリンクのみだったらペナルティにはなりづらいが、念のため避けよう。


【SEOアナリストの今日の一言】
SEO対策に確実な答えはない

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEO対策 これさえやれば上位表示!

SEO対策関連のサイトに興味深い内容の記事があったので転載します。
おそらくSEO対策の基本がわかると思います。


オンサイトSEO対策に関するこれら24のチェック項目やテクニックを利用すれば、どんなリンクビルディングやリンクベイティングでも、すばらしい結果が得られるだろう。

1.テーマに沿った、または関連性がある最良のキーワードでオンサイト最適化(OSO)を行うため、最初のキーワード調査を終えたら、予算100ドルでAdwordsのテストキャンペーンを実施しよう。


2.どのページにも、コピーしたものではなくて、上手く書けている魅力的なタイトルとページ内容説明タグがあるか確認しよう。


3.サイト上の関連性がある個別コンテンツのほとんどすべてが、それについて書いてあるページに対してとにかく静的で、さらに画像化テキストではないことを確かめよう(テキスト・ブラウザを使って改めて確認しておくこと)。


4.どのページにも、テーマに沿ったキーワードが最低限含まれるように、ページ内のコンテンツに手を加えよう。ユーザーになったつもりで考え、度を超さないことが大事だ。


5.コンテンツのタイトルとサブタイトルが、h1およびh2タグに入っているか確かめるため、コードを再確認しよう。


6.ナビゲーション要素がどれもテキストリンクで、「ここをクリック」だとか「詳細」といった類いのリンクではないことを確認しよう。


7.主要なページを強調するために、コンテキストリンクが広範囲に散在し、ウェブサイトのコンテンツ全体で一般的になっているか確認しよう。


8.相互リンクする予定なら、テーマごとに分類した小規模なディレクトリを作成するか、少なくとも「リンク集」ページを用意しよう。


9.robots.txtファイルを準備済みで、検索エンジンロボットにアクセスしてほしくないフォルダを設定していることを確認しよう。


10.ウェブサイトのルートディレクトリに、sitemap.xmlを必ず置くようにしよう。


11.サイト内の行き来に役立つよう、ナビゲーションリンクを用意しよう。


12.ビジターが簡単に静的サイトマップにアクセスできるか確認しよう。


13.URLが見つからない場合の404エラーページに、主要なカテゴリへのリンクを必ず用意し、できれば検索ボックスも配置しよう。


14.重要な画像タグに、適切なaltパラメータがあるか確認しよう(これは何らかの方法で自動化すべきだ)。


15.あらゆる形のトラッキングができるように、汎用の解析ツール(Google AnalyticsやIndextools)を必ずインストールしよう。


16.コンバージョンや設定したアクションを追跡できるようにしておこう(温度分布解析風の追跡ツールclickdensityや、PPCプラットフォームを使ったコンバージョン追跡、Indextoolsのアクション追跡など)。


17.被リンクを分析できるようにGoogle Webmaster Centralでサイトを登録して有効にし、必要なもの(robots.txtファイルなど)を有効にしよう。


18.サイトを運用する設備が自分の主要市場に近いか確認するため、IPアドレスによる所在地のクイックテストを行おう。


19.特にアドバイスがない限り、クライアントのために作成するページの一番下に自社の署名を入れ、最良のキーワードをアンカーテキストとして使おう。これはきわめて大事なことだ。クライアントが仕事に大満足なら、なおさら自分のサービス宣伝に躊躇するべきじゃない!


20.(ちょっと身びいきかもしれないけど)SEOmozのツールをすべて活用しよう。検索結果で(最大のライバルサイトと自分の実サイトを比較して)上位のランクを得るために、どんな取り組みが必要なのか知るにはPage StrengthとKeyword Difficultyを使い、検索エンジンが適切なインデックス化をしてくれるか確認するためにはCrawl testを使うんだ。


21.思いもよらない大きな問題(それとブログ・プラットフォームを使っているならもうちょっと余分な問題)を捉えるため、W3Cの検証サービスを通しておこう。


22.主要なコンテンツ・アグリゲータ(Google Blog Search、My Yahoo、Wikioなど)に更新通知を送ろう。


23.主要なソーシャル型プラットフォーム(digg、del.icio.us、BlogMarks.net、TechnoratiのTagsなど)へのリンクを入れよう。


24.FeedBurnerを利用し、統計情報を把握できるRSSフィードを手に入れよう。


上記のSEO対策内容のチェックをすればきっと上位表示?!かな

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahooのカテゴリ登録の行方

先週もブログに記載したが、Yahooの検索結果画面からYahooカテゴリ登録とキャッシュ日付が消えた!
しかしこれは設定すれば元のような検索結果画面になる。

設定方法はYahooウェブ検索で検索設定をする。

>検索設定ボタンを押して後は、オプションで表示させたいものを設定するだけ。

そうすれば元の検索結果画面に戻ると思います。


ただ、どうしてYahooはこんな事をしてきたのだろうか?

SEM関連の掲示板でよくかかれているのが、コンピューターの負荷を減らす為、Yahooカテゴリ登録があるとPPC広告のクリック率が下がる といわれているようです。

私自身の考えではおそらく、

「カテゴリ登録」が表示されてるとYahooカテゴリ登録=高順位がわかってしまう、もしくはその逆で「Yahooカテゴリ登録しても順位的なものに変化がない」

おそらくこんな内容がからんでいるのではないだろうか?
あくまでも予測なので参考までとしてほしい。

今後のYahoo検索に期待していきたい。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

Googleの外部リンクと内部リンク

Googleウェブマスターツールを使うことで、リンク数が分かるといった内容は前回記載したが、実は内部リンクと外部リンク数もわっかてしまう。

Googleはサブドメインからのリンクを、実は"内部リンク"として認識している。これはいつからそうなるようになったのかが分からないが、SEO関連の書籍には、YAHOO内・外リンクを区別しているが、Googleは内・外リンクを区別していないとかいてある。

ということは最近になってからか?!
今まで外部リンクとして認識されていたものが"内部リンク"認識されたら当然順位変動も起こる!

へたすればペナルティもうけるだろう


Googleのリンクは単純そうで単純ではない。

外部リンクも量より質が大事である。


最近、Google検索順位が大幅に下がった人はコメントをして欲しい!

できれば、相互リンクをしているORSEO対策をしている 等の状況も記載していただけると分析の有効な資料になります。

それでは・・

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahooのカテゴリ表示消えた3/12

本日3/12日PM16時ぐらいからYahooの検索結果画面において、Yahooカテゴリー登録表示やキャッシュ日付が消えている。

おそらく15日前後はOvertureのキーワードアドバイスツールの更新があるので、それと関連してYahooでの何らかの更新をしているのであろう。

ただ先月にYahooはフルインデックス更新を行っているため、のこまでの大幅な更新や変更はないと思う。

あくまでも私の仮説であるが、カテゴリー登録サイトに対しての何らかの変更等があるのではないかと考えている。

ますは様子を見てから分析して判断したいと思う。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

ドメイン取得日と検索順位との関係

ホームページを新規で立ち上げる場合には必ず"ドメイン"というものをとる。
ドメインとはいわゆる"住所"的なものだ。

しかしよくSEOやWEBマーケティングの掲示板をみると

「新規ドメイン」は上位には表示されにくいと記載されている

実際私自身も試したが、そこまでの関連性はないと思うが、たしかに新規より取得した半年以上たっているドメインの方が上位に表示されやすい。

以前海外の方で「エイジングフィルター」「サンドフィルター」というGoogleフィルターの話題でもりあげっていた。

このフィルターはドメイン取得して半年またはページランクがつくまでは上位に表示されないようにフィルタリングがされるということである。

やはり検索エンジンとしても「ドメイン」を取得してまもないサイトを上位に表示させるのは抵抗があると思う。
ドメインを取得して5年たっているサイトと1ヶ月ぐらいのサイトで比較するとやはり"5年"たっているサイトを信頼して上位に表示させたい気持ちになるだろう。

新規サイトを立ち上げるときは、早めにドメインを取得して、空ファイル等をあげておくのが良いだろう。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

www有りとwww無しのドメイン統一の重要性

WEB担当者フォーラムにも記載れていたことだが、www有りとwww無しのドメインをちゃんと意識してリンク掲載等をしないとのちのちマイナスになってしまう。

例えばttp://sample.com/でサイトを運営していたとする。
しかし他外サイトにリンク掲載してもらったり広告掲載にURLをのせるときに ttp://www.sample.com/でリンクをはってしまい、後日被リンクを見ると、

ttp://sample.com/ =被リンク500
ttp://www.sample.com/ =被リンク1000

実は検索エンジンクローラーはwww有りとwww無しでは別サイトとして認識するらしく、この場合だと本来1500リンクもある被リンクがたった500になってしまう。

もちろんリンクで評価をするGoogleでは順位にも影響してくるだろう。

くれぐれもwww有りとwww無しを意識してサイト運営等をするようにしよう。

ちなみにこうなってしまった場合、htaccessなどで301リダイレクトをさせよう。

約2ヶ月ぐらいでwww有りドメインからwww無しドメインにリンク評価等も引継がれるので継続される。

ちなみに301リダイレクトは「完全お引越し」
302リダイレクトは「出張で家を少しあけます」
というかんじだ。

くれぐれもこういったリダイレクトを悪用してスパムSEOをしないように

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

Yahoo(YST)フルインデックス更新!

3月2日にYSTのインデックス更新が行われた。
この更新の影響で順位変動が見られた。
http://blogs.yahoo.co.jp/yjsearchblog

特に興味深いのがカテゴリー登録の説明文やDMOZからの引用文を拒否できるメタタグが公開されたのと同時期に更新が行われたことだ。

SEO掲示板をみるとカテゴリー登録サイトを優先的にするための更新ではないかと書かれている。
たしかに上位に表示されているサイトはほとんどカテゴリー登録されている。
YahooでのSEO対策の必須条件=カテゴリー登録となってしまうのか?!

ちなみにYahooカテゴリーに登録するための審査費用は5万円かかる。登録されなくても5万円かかってしまう。
1日に何千何万サイトが審査を受けているとすると
1万サイト=5000万円=1日
1年=180億円?!

これはYahooにとってはかなりの収益になる。

Yahooでのカテゴリー登録こそ一番お金のかかるリンク売買ではないだろうか。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

SEO以外でのアクセス術

いまはやりのSEO対策で検索エンジンでの上位表示を達成!

そしてアクセスアップするのはよく知られているが、SEOやリスティング広告を使わずしてアクセスアップさせる方法をしっているか!?

実はソーシャルメディアサイトを使った戦略だ。
以前にクチコミサイト等がはやったがそれとにている。

いわゆる人があつまるサイトに自分のサイトのPRを書いて、それを見た人は興味をもってクリックする。

しかしあきらかにうその情報や誘導させるための広告内容だとマイナスイメージになる。

アフィリエイトの中には「mixi」を使った技がある。それもある意味一緒の内容だが一つ間違えればマイナス作用になってしまう。

いろいろなソーシャルメディアサイトを見つけてうまくことやってみてはいかがだろうか?!
あくまでも自分のサイトをアピールするのが目的ですので・・

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

GoogleのSEO対策

Googleで上位表示されたい
と思っている人の多くはリンク対策を既にしていると思う。

Googleで上位(1位)に表示される仕組みは簡単だ
リンクをもらえば良い!

よくキーワードを設定したりしないとスパムになると思われるがGoogleに関してはそれはちょっと違うのではないか?!
もちろんキーワードをうまいこといれれば多少なりとも上位に表示されることもあるが・・・

なにせGoogle自体もリンク評価が高ければ順位があがるとガイドラインで記載している


ならリンク対策だけをすれば間違いなく上位に表示される
ただ急激にリンクを数を増やすのはちょっと危険かもしれない

キーワードや競合の状況にもよるが、月間検索数1万回のキーワードでもリンク数500個あればTOPページには表示されると思う。但しすべてターゲットキーワードを意識したキーワードの挿入が大前提だが・・

*ガイドラインに従った記載だと「多くの人からリンクをはってもらえるような充実したコンテンツ内容にしましょう」
「リンクをもらえば評価があがって上位になる可能性がありますよ」

それとGoogleでのリンク数を見よう思って「link:~」といれても全くあてにならに数字が出力されるので注意してください。

それが見たいなら・・・ この続きはまた次回!

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

GoogleでのSEO対策

おそらくSEO対策を事業としているSEO会社の場合「Google」だけでの上位表示に的をしぼってることが多いのではないか?

Yahooの場合はテキストやサイト構造までチェックして修正しないと急激な上位表示はないだろう。

Googleの場合有名な話だがリンクの質と量で順位が決まっているといっても過言ではないだろう。

ではリンクを増やすためにはどうすればよいのだろうか?
次のうち駄目な対策はどれだと思いますか。

①相互リンクを積極的にしてもらう
②リンクサイトに登録する
③ブログを書いて、上位表示させたいサイトにリンクをはる
④トラックバックをもらう



実は全て○だと私は思う。
しかし、やりすぎるとGoogleペナルティをうけるかもしれない

個人的には③番が一番良いのではないだろうか
ターゲットサイトと同じ内容のブログからのリンクなら質が高まってリンク評価も高くなるからだ。

これをいうとGoogleガイドラインに反していると思われるが、SEO対策を意識したリンクはGoogleでは禁止されているがそんな事を守っていたらきりがないと思う。

上位に表示させなくても別にかまわないと思う人もいると思うが、企業サイトの場合はそうはいかない。

自分の会社の名前で検索してTOP1に表示されないと信用性はかなり低くなる。

SEO対策はサイトの内容をわかりやすくチューニングすることだと思う、もしサイトの内容と全く違うキーワードで上位されていたら完全にスパムではないだろうか。 

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

違法なリンク売買の是非

最近とても気になることがあります。
以前よりGoogleでは、SEOを意識したリンクやリンク売買を禁止していますが、最近になってSEOを意識したリンク売買が社会現象?!になっているんです?

参考サイト
http://www.pressblog.jp/release.aspx?release_id=2007022001&af=10002&b...

「この商品についての感想をあなたのブログにかいてください 指定されたキーワードを必ず文章中にいれて決まられたサイトへアンカーテキストをしてください」

こんな商売が最近とても有名になってきていますがGoogleは何も注意しないのでしょうか?
このサービスはあきらかにSEOを意識したリンク売買であると掲示板上でさわがれています。

このようなリンク売買が許されるのなら、お金を払えば必ず上位表示される事となってしまいますよね

Googleはこのサービスをアクセスアップのためのリンクなのか、SEOを意識したリンクなのかはいつ判断するのであろうか。

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。