スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

ツイッターは実は人気がない!?

最近では、週刊誌でも特集がされるほどの人気サービス「ツイッター」
ですが、ネットでの動向を見るとどうやら実際とは温度差があるようです。


ツイッターといえば、誰でも気軽につぶやくことのできる、非常にシンプルな
WEBサービスです。
 構造がシンプルゆえ、いろいろと面白い使い方ができるようなので、
多くの企業がプロモーションとして利用していたりと話題になっていますね。


しかし、IT系の評論家や批評家からは、すでにあきられているようだと
言われています。
私の知人では実際に1000人以上の方からフォローされているようですが、
そのほぼ大半が最近全く更新していない状態だとのこと・・・

又、Yahoo系のクイックリサーチによると、
80%以上の方が「ツイッターは普及しない!すぐにあきられる!」
と回答!

Yahoo! JAPAN PR企画 - [月刊チャージャー]投票 - 投票結果_1265688732819



そして同じく半分以上の人が「知っているが使わない!どうでもいい」
と回答!


Yahoo! JAPAN PR企画 - [月刊チャージャー]投票 - 投票結果_1265688766755





これだけ言われているツイッターですが、
実は私自身非常に気になっているサービスのひとつなんです。

みなさんも今話題のコチラのツイッター本を買ってみてはいかがでしょうか?
発売日前なのに、Amazonランキング 2位を獲得!しています(2月9日現在)



【PR】CPA150円で勝負する手法

スポンサーサイト

「Yahoo!検索 山手線ジャック」を早くも分析してみた

今朝、山手線のつり革広告が全て
「Yahoo ビックリ検索」広告で埋め尽くされていた。


実はコチラはサイバーエージェントと有限会社リコネッサンスが展開した、
雑誌広告・交通広告と「Yahoo!検索」を連動したクロスメディアプロモーション「!(びっくり)検索 de 生活応援」であった。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20359668,00.htm

3人組のサラリーマンはこの広告をみて
「なんだが意味がわからない」と話していた。


!検索 de 生活応援は、Yahoo!検索の「ダイレクト検索」機能を活用し、雑誌誌面や駅貼りポスター、電車中吊広告に掲載されたキーワード(例:「デル!」)をYahoo! JAPANで検索すると、検索結果を介さずにYahoo! JAPAN上に設置されたPR企画ページに直接誘導するというもの。


デル、インヴァスト証券、損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険が第一弾として展開されていたが、

正直
「デル!」
以外のキーワードは電車を降りて2.3分で忘れてしまった。
もっとわかりやすい検索キーワードでないと、一般の人は誰も検索しないと考えられるが。


実際に
Yahoo検索で

「デル!」

と入力して検索ボタンを押してみた。
するといきなり、デル専用のYahooプロモーションページへ飛んでしまった。


pr.jpg


少し違和感があって、ビックリした。

「なるほど こういう使い方もあるんだな」と関心した反面、
「検索エンジンの公平性という面が薄れてきたな」とも感じた。

やはり検索ボタンを押せば、検索結果ページに行くというかたちをくずしてはほしくない。



若干話がずれるが、
最近のYahooは、ビジネスエクスプレスでの誤解されるコピー新デザインでのPRコピーの内容
「お金」を払えば優位になりますよ!

といったニューアンスがプンプンである。


一層のこと
検索エンジン業界もテレビ業界のように、

「国営検索エンジン」

を設けても良いのではないだろうか!



【PR】CPA150円で勝負する手法

リスティング広告の重要性

このブログはSEOについて書いているブログだが、実際にリスティング広告の効果も紹介していきたいと思う。
SEOを長年やってきているが、リスティング広告の方が費用対効果が良い事も多々ある。

リスティング広告に代表される、GoogleAdwordsやOvertureはみなさんもしっていると思うが、そのほかにも株式会社サイバーエージェントのマイクロアドや株式会社プロヴィデンスのぴたっとマッチがある。
検索連動型広告やコンテンツ連動型広告とも呼ばれている。

SEO自体は価格帯が定まっていないので、はっきりとした費用帯効果の平均をだすことはできないが、リスティング広告は広告出稿前からおおよそのことは把握できる。

例えば「ホームページ制作」
OVERTUREのツールで検索するとおおよそ月に20万回検索されている。
OVERTURE広告だと1-3位でのおおよそ価格帯が400円ほどである。
広告1位表示のクリック率を4%とすると
20万×0.04×400円=3200000円/月

本当に簡単な計算だが、一ヶ月のリスティング広告費が320万円かかる!
ちなみにSEOだと、上場している超有名企業のSEOサービスを利用したとして、月額保守が150万円ほどである!順位は1-3位である。

クリック率を20%として
20万×0.2=4万人/月=150万円の保守費用
1ヶ月に4万アクセスを集めるのに150万円ということになる。→SEO

リスティング広告は320万円で8000アクセス/月なので、それが4万人アクセスだと
1600万円かかってしまう!
つまりSEOの費用対効果の方が良い!

ちなみに最近人気の「オンラインゲーム」だと
おおよそ月間検索回数が50万回

広告価格帯は30円ぐらいなので
50万×0.04×30円=60万円/月

SEO会社に頼むと同様の150万円である。
この時点ではリスティング広告の費用対効果の方が高い!
しかしアクセス数を合わせるとSEOの方が安くなる。

あれ??
あくまでもおおざっぱな計算なのでもっとSEO保守費用が安い会社も実際あります。
リスティング広告とSEOを上手に活用してくださいね!


SEOブログ By CYBERTURE

【PR】CPA150円で勝負する手法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。