スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PR】CPA150円で勝負する手法

ついに検索回数表示が解禁!Google!JAPAN(Adwords)

海外SEOブログで有名な、SUZUKIKENICHIさんのブログで、いよいよ海外で一部のユーザー向けに検索結果数の表示が始まったとかいてありました。

>>詳細(http://www.suzukikenichi.com/blog/google-adwords-keyword-tool-shows-search-volume/)


しかし、日本の「GoogleAdwordsキーワードツール」でも既に検索結果表示機能が追加になったようです。


googlehyouji.gif



Overtureの検索回数より全体的に多いかもしれませんね。


googleseo.gif


おそらく日本でも一部のユーザーに対しての表示だと思います
*全公開されたようです

日本でも有名なキーワードツール、
「フェレット」「キーワードハンター」と数値を比較してみたいと思います。

【PR】CPA150円で勝負する手法

スポンサーサイト

GoogleのSEO対策

Googleで上位表示されたい
と思っている人の多くはリンク対策を既にしていると思う。

Googleで上位(1位)に表示される仕組みは簡単だ
リンクをもらえば良い!

よくキーワードを設定したりしないとスパムになると思われるがGoogleに関してはそれはちょっと違うのではないか?!
もちろんキーワードをうまいこといれれば多少なりとも上位に表示されることもあるが・・・

なにせGoogle自体もリンク評価が高ければ順位があがるとガイドラインで記載している


ならリンク対策だけをすれば間違いなく上位に表示される
ただ急激にリンクを数を増やすのはちょっと危険かもしれない

キーワードや競合の状況にもよるが、月間検索数1万回のキーワードでもリンク数500個あればTOPページには表示されると思う。但しすべてターゲットキーワードを意識したキーワードの挿入が大前提だが・・

*ガイドラインに従った記載だと「多くの人からリンクをはってもらえるような充実したコンテンツ内容にしましょう」
「リンクをもらえば評価があがって上位になる可能性がありますよ」

それとGoogleでのリンク数を見よう思って「link:~」といれても全くあてにならに数字が出力されるので注意してください。

それが見たいなら・・・ この続きはまた次回!

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

GoogleでのSEO対策

おそらくSEO対策を事業としているSEO会社の場合「Google」だけでの上位表示に的をしぼってることが多いのではないか?

Yahooの場合はテキストやサイト構造までチェックして修正しないと急激な上位表示はないだろう。

Googleの場合有名な話だがリンクの質と量で順位が決まっているといっても過言ではないだろう。

ではリンクを増やすためにはどうすればよいのだろうか?
次のうち駄目な対策はどれだと思いますか。

①相互リンクを積極的にしてもらう
②リンクサイトに登録する
③ブログを書いて、上位表示させたいサイトにリンクをはる
④トラックバックをもらう



実は全て○だと私は思う。
しかし、やりすぎるとGoogleペナルティをうけるかもしれない

個人的には③番が一番良いのではないだろうか
ターゲットサイトと同じ内容のブログからのリンクなら質が高まってリンク評価も高くなるからだ。

これをいうとGoogleガイドラインに反していると思われるが、SEO対策を意識したリンクはGoogleでは禁止されているがそんな事を守っていたらきりがないと思う。

上位に表示させなくても別にかまわないと思う人もいると思うが、企業サイトの場合はそうはいかない。

自分の会社の名前で検索してTOP1に表示されないと信用性はかなり低くなる。

SEO対策はサイトの内容をわかりやすくチューニングすることだと思う、もしサイトの内容と全く違うキーワードで上位されていたら完全にスパムではないだろうか。 

By SEOブログ Cyberture

【PR】CPA150円で勝負する手法

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。